赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

赤ちゃんがずっと咳をしていて心配になり・・・

気管支が弱いのか、赤ちゃんがしょっちゅう咳をしています。
小児科に相談したところ、秋から冬は周りが乾燥している上に、赤ちゃんの頃は鼻孔が狭く、鼻水がのどに落ちるので、咳き込みがちになる子が多い、といわれました。

家にいる間の乾燥は、加湿器をつけることで何とかしのげますが、夜中はどうしても咳がひどくなりますし、毎日のことなので、ずっと飲み薬を使い続けるのも嫌、と、どうしたものかと悩んでいました。
何かのアレルギーがあるんじゃ無いかと思ったこともあるのですが、一歳未満は調べてもはっきりと出ないことが多いし、逆に月齢が低ければ低いほど、いろいろなアレルギーテストに引っかかってしまうのであまり意味が無いとも言われました。

ヴィックスヴェポラップの意外な使い方

ヴィックスヴェポラップの使い方は、咳をしているときに胸に塗るのが一般的ですが、うちの子は胸に塗ってもあまりよくならず、悩んでいました。
そんなとき、海外在住の友人が「こちら(イギリス)では、ヴィックスヴェポラップを足の裏に塗って靴下をはいて寝ると治ると言われるよ」と教えてくれました。

半信半疑だったのですが、赤ちゃんが生後6ヶ月を超えれば使えると書いてあるし、試してみようとおもい、お風呂上がりに子供の足裏に塗って、靴下をはかせて寝かしつけました。
そうすると、ゲホゲホひどかった赤ちゃんの咳が、ほとんど出なくなったのです。

なぜ足の裏に塗ると治るのかはわかりませんが、その後も、咳がひどい日はお風呂上がりに足の裏にヴィックスヴェポラップを塗り、すぐに靴下をはかせて寝かしつけると咳が出なくなりました。
香りも胸や背中に塗るよりマイルドになりますし、今では常備薬として常に家に買ってあります。

<30代女性>

スポンサーリンク