赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

風邪のたびに鼻がつまって悩みました

私の子は、0歳児のうちはすぐに風邪をひく子供でした。

もともと2500グラムと小さめで生まれましたので、気管支が他の子よりも弱いようです。
そのため、風邪を引いて抵抗力が落ちると、鼻が詰まったり咳が出たりしやすくなる、とお医者さんに言われました。

赤ちゃんは口呼吸が上手くできないため、鼻が詰まってしまうと呼吸が上手くできずとても苦しそうにします。
風邪のたびに鼻がつまり苦しがるし、夜泣きも増えるので、ずいぶん悩まされました。

鼻づまりを改善するための対策とは

子供が風邪気味の時は室温に気を遣い、加湿器を使って部屋を加湿しました。

また、寝転がっている子供の首のところと、鼻筋に蒸しタオルを当ててあげると、鼻がスッキリします。
赤ちゃんに使うものなので、蒸しタオルは熱すぎず冷たすぎないようにするよう注意が必要です。

鼻がズルズルして苦しそうなときは、鼻吸い器の「ママ鼻水トッテ」を使いました。
鼻吸い器は最初は嫌がって泣きましたが、何度か使っているうちに慣れてきたようで、次第に本人も嫌がらず上手に鼻吸いができるようになりました。

そして、根本的に身体の強い子にしようと、元気な時には親子ベビースイミングを申し込んでたっぷりと運動をさせました。
プールを続けているうちに気管支が少し強くなり、風邪や鼻づまりをしやすい体質がかなり改善されました。

<30代女性>

スポンサーリンク