赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

赤ちゃんの泣き声は疲れる

私の子供は寝ぐずりが激しく、昼寝の前、夜寝る前は必ずギャーギャー泣き、泣き疲れてミルクを飲んで寝るという日々が続いていました。
ひどい日には2時間以上も泣き続けたこともあります。
自分の意識が出てくるようになると、思うようにいかないとしつこく泣き続け、思うようにしてあげても何か納得できず泣き続けるということが多かったです。

一度泣くスイッチが入ると、お菓子を出しても、説得しても、抱っこしても泣きやむことなく、更にひどく泣く癖がありました。
単純に泣いている時間が多ければ多いほど、ストレスはたまり続け、イライラするようになり疲弊していました。

テレビから得るもの

赤ちゃんが泣いた時の対応策を調べていたときに、テレビの砂嵐の音を聞くと泣きやむと書いてありました。
早速試してみると、ギャーギャー泣いているのが、まさにピタリ。今まで泣きやませようと頑張っていたのは何だったのかというくらいに泣きやみました。
生後10ヶ月頃には電車に興味を持ちだし、電車のDVDを見せてあげると、ずーっと黙って見ています。

一つのシリーズが終わると、もう一回!テレビを見せるのはどうかと考える前に、泣き声のない時間を過ごせることに感動し、やっとリラックスすることが出来たのです。
テレビの見る近さとテレビを見る時間帯だけは気をつけていますが、それ以外は自由に見せています。
すると、2歳半になった今、テレビで聞いた言葉をすぐに復唱し、どんどん言葉を覚えていくのが目に見えてわかります。
外で覚えてきた言葉や景色も、テレビの映像と照らし合わせて教えてくれます。
テレビは必ずしも「ダメ」ということではなさそうです。

<30代女性>

スポンサーリンク