赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

テレビ一日2時間は見させすぎらしい

テレビの見せすぎは子どもに悪影響と、子育てをしていなくとも耳に入ってきていたので漠然と、初めて育児の時は、極力テレビを見せないように心がけていました。

でも、例えば外出前の自分の身支度や家事の後片付けをしたい時に子どもにぐずられてはおちおちそんな行動も出来ず、30分だけテレビの力を借りるようになった毎朝。
それがNHKの「おかあさんといっしょ」です。
ほんの30分が人形劇まで見たがる子供に付き合う形で1時間程度、夕方もそんな形で1時間程度と見せ続ける私に育児相談で、保健師さんが「一日2時間は見せすぎです。」と、正直ショックでした。

毎日子供を自宅以外で遊ばせる工夫が産後ダイエットにつながる

ならばと、当時まだ聞きなれない「朝活」を心がけました。
1時間程度早目に起きて、子供がぐずりだす前にほとんどの家事と身支度を済ませておくようにしたのです。
そして、ほぼ毎日、出かける用事を心がけました。

何か用事を作って出かけるというよりは、子供を自宅以外の場所で遊ばせたいから「子育て広場」というような所に積極的に出かけました。
それも、自宅から片道40分近くかかる場所に。
だから往復1時間半程度の距離です。

そこはお昼ご飯時は場所も開放してくれる所だったので、お昼ご飯も用意して出かけました。
ぐずる子供も、外に出て、ベビーカーに揺られていれば黙ることが多くもしくはすやすや寝ていたので、母子ともに心も体も健康な生活になりました。
しかも坂道とアップダウンのある道中が思わぬダイエット効果に繋がり、産後のダイエットにも成功。
ベビーカーを押して歩くあのスタイルって、かなり引き締まるみたいです。

<30代女性>

スポンサーリンク