赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

教育テレビに頼りすぎてはいけない、最終手段として見せるように

子どもが成長していく中で様々な事に興味を示す一方で、ママから離れたくないという気持ちが日に日に強くなり少しでも離れると泣きわめき常に私についてくるようになりました。

そのため、家事(特に料理)をする時は台所に立つだけで泣きわめき私のズボンの裾を引っ張ってきたりして、全く料理を作る事が出来ない状態が続きとても悩んでいました。
そんな時に教育テレビと出会い、この番組を見せてる間だけは子どもは集中してみてくれるのでとても助かりました。

こんなにも集中してくれるならと私は家事以外にも自分が少し休みたい時などに見せてしまい一日の中でどんどん教育テレビを見せる時間が増えてしまい、子どもも、リモコンを持ってきて頻繁に「見せて」アピールをしてくるようになってしまいました。

一日に教育テレビを見せる時間はしっかりと決めそれを守りぬく

子どもが頻繁に教育テレビを要求してくるようになってからこれはいけないと感じ、まずは一日15分と時間をしっかりと決めるようにしました。
決めるまではテレビを見せないと子どもが大泣きをしていたのでじゃあもう少しだけと、ついつい見せてしまっていました。

しかしそこは決めた以上心を鬼にして、時間外に要求をしてきても絶対に泣きわめいてもみせないようにしました。
そして一日15分というのは料理を作っている時だけにしました。

リモコンも子どもが見える位置に置かず、家の中で過ごす時は私のみたいテレビもつけず、子どもにテレビの存在を忘れさせるようにしていきました。
そのような環境設定を続けていくと、テレビは料理を作っている時だけみるという事を理解してくれ、その他の時間にはテレビを要求しなくなり解決することが出来ました。

教育テレビをだらだらみせるのは良くないのメリハリをつけて見せていくことが大切であると思いました。

<30代女性>

スポンサーリンク