赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

「テレビは悪」と思い込んで辛かった最初の4ヶ月

私は娘が生後4ヶ月くらいまで、2人で過ごしている時間は全くテレビを観ませんでした。
教育テレビどころか、ニュースやバラエティー等も一切観ませんでした。
そこまで徹底していた理由は、妊娠するともらえる市の育児冊子のような物に「2歳まではテレビをみせる必要はありません。」と医師の方々の見解として記載があったからです。
初めての育児であった私はそれを信じこみ「テレビは赤ちゃんにとっては悪だ」というくらいにまで思いこんでしまいました。

しかし、私自身は子どもの頃から超がつくほどの「テレビっ子」でだったので、とても辛かったです。
昼間は子どもと2人きり、睡眠不足のなか娘のオムツ換え、授乳、そして家事と息抜きもできずにへとへとの毎日でした。
でも「テレビ」はつけるまいと必死でした。
そしてついに体調を崩してしまいまいした。

子どもとの触れ合いは忘れずに「テレビ」を上手に活用しましょ

その体調を崩したのがきっかけで「もうテレビ観よう!」と逆に吹っ切れました。
テレビをつけてみたら「いないいないばあ」を放送していました。
その時、とてもほっとしたのを今でも覚えています。
かわいいキャラクターや楽しい音楽にどれだけ救われたか分かりません。

なので、全くテレビを嫌う必要はないと私は思います。
朝と夕方だけとか3時間だけとか時間を決めたり、時には一緒に観て歌ったり踊ったりして関わる時間を持てばいいのではないかと思います。
私は、天気のいい昼間はなるべく外で一緒に遊んで、天候の悪い日はテレビやビデオの力も多めに借りるようにしていました。
教育テレビを観ると、子どもとの関わり方のバリエーションも増えていいと思います。
何より、ママが辛くなり過ぎないように、息抜きしながら育児してもらえたらと思います。

<30代女性>

スポンサーリンク