赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

一人になりたい…切実な思いを持っていました

長男は生まれたときから甘えっこで、人肌のぬくもりがつねにほしい子でした。
寝るときは必ず抱っこ、目の届くところに誰かがいなきゃいや、特に私が視界から消えるのが嫌らしく、洗濯やちゃわん洗いなどで、その場をはずすと必死に追いかけてきて、終わるまでじっと私のそばでつまらなそうな顔で座っていました。

子供にとって家事なんて当然面白くありません、でも母親がそばにいないのは嫌。
しかし、私はいつも見張られているようで、正直イライラしました。

どんなときでも一人になるときがない、夜泣きもひどい子だったので、夜でさえ自分の好きなことができない。
ほんの少しでいいから「人がそばにいない」という欲しい。それを救ってくれたのが赤ちゃんの教育テレビでした。

家事やストレスから解放してくれた、教育テレビ

どうにか自分が好きに家事ができる時間がほしくて、朝の教育テレビをつけました。
ですが、最初はやっぱり興味がなく、私が抱っこしてくれるので見ているといった感じでした。
しかし手をあげたり、足を動かしたり、動きの真似をしていると、興味がではじめたのか、真剣にテレビをみるようになってきました。

次第に、テレビが入る時間になるとテレビのそばにいて、待っているようでした。
私が抱っこしなくてもテレビが見られるようになったころ、そうっとその場を離れました。

私がいないのも気づかず、真剣に見てます。しかし、数分で私がいないことに気付いてしまいましたが、ちらりと私の存在を確認するとテレビを見続けてくれ、ようやく私のペースで家事ができるようになりました。
テレビを早くから見せるのはよくないと聞きますが、日々の家事に忙しい主婦やストレスを抱えているときなどは、子供を引き付けてくれるテレビは必要だと思います。

<20代女性>

スポンサーリンク