赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

マニュアル通り~思い通り~進まないのが子育てです

眠ることが仕事の赤ちゃんにもあまり眠らない赤ちゃんいるんです!
情報があふれている現在、頭の中ではイメージを膨らませて出産したらこんな風に赤ちゃんと過ごしていこう、こうやっていけば等といろいろ考えてはいたのですが、ネットや雑誌で読んだり、聞いたりしていたのとは全く違いました。

まず、一番最初の悩み。それは寝てくれないこと。どうしてこんなに寝ないの?と何度もキレそうになりました。
自我が芽生える頃の夜泣きは覚悟していましたが、新生児は寝るものと信じ込んでいました。
それが昼間はもちろん、夜も1時間も眠ってくれれば寝た方で、ほとんど15分程度の浅い睡眠ばかり。
赤ちゃんはそれぞれ個性や特徴があるものでマニュアルどおりに進んではくれませんでした。
外に出るとベビーカーでゆられるせいかよく眠るのですが、家についた途端、目が覚めて起きてしまいます。
お出かけしている時間は眠ってくれて助かるのですが、家に帰ってからはずっと起きていてぐずるので家事も食事もろくにできず、毎日自分の時間が持てない状態に、寝てくれないかと気持ちだけが焦る日々でした。

便利なベビーグッズを活用しましょう!

睡眠が浅くて寝ない悩みを解決したきっかけは、知り合った先輩ママさんの一言!「お母さん1年生なんだから!」でした。
また、一緒に過ごすうちに赤ちゃんにもそれぞれ個性があると認めたことでしょうか。
お母さんになって数ヶ月、知らないことだらけで当然だと割り切って、あとは時間がたてば、すべて解決することだと目標期間をもったことでしょうか。

浅い睡眠に関しては、首がすわるまでは「前抱きひも」で抱っこしたまますべてやりました。
首がすわってからはおんぶに切り替えて家事やお出かけをこなしました。寝かせておくとぐずるので、お座りができない月数でもあえて歩行器の中に入れておきました。
歩行器は実際歩く為のものですが、歩行器に入れておけば足がつかないので歩くこともなく倒れることもなく、人に抱っこされているような状態で視線も高いせいかぐずらなかったのでイス代わりによく坐らせました。
実家から遠い地方での1人子育てでしたし、主人が仕事で遅い時はお風呂も一人で入れなくてはならないので、お風呂用のベビーイス(ハンモック式)を購入し、1人でお風呂に入れられるよう工夫しました。
今は便利なベビーグッズがたくさんありますから、うまく活用して子育てを楽しむべきだと思います。

<20代女性>

スポンサーリンク