赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

家の遠さが心を離す…

私達夫婦は地元民同士が結婚し、新婚生活を隣町でスタートさせました。
隣町と言えども交通の便が悪く、徒歩で30~40分かかります。

両家の実家は車で行けばいいのですが、行ったとしても駐車スペースが無いので徒歩を余儀なくされました。
私の両親は比較的暇だったので行ってもすぐ会えるのですが、主人の両親は寿大学に通ったり、趣味に時間を使う方達だったので会う機会が少なく、あまり子供の顔を見せに伺えませんでした。

子供が4ヶ月くらいまでは、子供自身よく分かっていなかったので誰が抱っこしても平気でした。

自宅から義両親宅までの中途半端な距離と、夏を迎え猛暑に悩まされ、子供の発熱が重なり、外になかなか出られなくなったりとで外出する機会が減ってしまいました。
猛暑が去り、また義両親宅へ伺う機会がありましたが、その頃には子供も8ヶ月を過ぎ、周囲の状況が分かるようになり、若干疎遠気味になっていた義両親に対しての人見知りが始まってしまいました。

子供が好きな物で釣ってみよう!

子供8ヶ月過ぎ。

義両親に対して近づきもしない子供。義両親宅に着いても私の傍から離れませんでした。
時間が経てばそのうち慣れるであろうと思いましたがまずは何か取っ掛りが無いと始まらないので、まず最初に…

1)好きなものを与える
うちの子供は果物が大好きだったので、義両親宅に行く度に果物が出てきました。
カキ、ブドウ、ナシ、リンゴ…etc…子供の警戒心を解く為にはうってつけでした。

2)好きなものを与えながら抱っこ
慣れてきたところで、食べるのに夢中になっている時に抱っこする。
子供が貪り食べてるのを見計らって義父が抱っこしてみました。

が、最初は失敗。

でもそれを何回か繰り返しているうちに子供も慣れていき、義両親を「この人達は果物をくれるイイヒト!」と認識し始めました。

3)慣れたところで一緒に遊んでみる
2)のお陰で義両親に懐き始めた子供。とにかく何でも良いから義両親と遊びを通して色々やり取りを始めました。
この頃には(特に義父に対して)義両親を遊び相手と認識し義両親宅に連れて行く度に、義両親と遊ぶようになりました。

<20代女性>

スポンサーリンク