赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

人見知り赤ちゃんにママ1人で向き合った結果

我が子が6ヶ月に入った頃に人見知りが始まりました。
友人や知らない人に話しかけられるとギャンギャン泣いて、なだめるのに苦労しました。

育児書などを見ると、赤ちゃんがお母さんと違う人の顔の区別がつくようになった成長の証と書いてありました。
成長の証とはいえ、毎回人見知りで大泣きされてしまうと泣き止ませるまで時間が掛かるのでとても疲れてしまいました。

周りの人には申し訳ないけど、うちの子に話しかけないで!と心の中で思った時もありました。
ひどい時にはパパにも人見知りをしていたので、パパにも助けを求められず私1人でずっと我が子と向き合っていました。

その為毎日イライラしていたのを覚えています。

ママが社交的な姿を子供に見せるのも効果的

ママ以外の誰に話しかけられても大泣きだったので、最初の頃はなるべく家にひきこもり誰にも合わせないようにしていました。
大泣きされてなだめるのも気力がいるので私も疲れ切っていたのです。

しかし、友人の親子に子育て支援センターへ行こうと誘われてしぶしぶ行く事にしました。
連れて行くと最初は予想通り、我が子は大泣きしていましたが先輩ママや支援センターの先生達は微笑んで我が子を見ているのです。

私が大泣きしてうるさいので、申し訳なさそうにしていると先輩ママに「みんなあるよね、人見知りの時期って・・あえてどんどん人の多い所へ連れて行かないとずっと人見知りする子になっちゃうよ。」と言われました。

それ以来、子育て支援センターへ行ったり人の多い所へ我が子を連れて行きました。
自然に私も他のお母さんや知らない方と話すので、その姿を我が子に見せるのも大事かもしれないと気が付きました。

子供はお母さんの行動をよく見ていますし、真似するものです。
我が子が9ヶ月になった頃には人見知りも全くせず、逆に社交的なくらい色々なお友達と遊んだりするようになりました。

<20代女性>

スポンサーリンク