赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

乳幼児検診を重ねるたびに不安が増大

うちの子は、歩き出すのがとても遅くて本当に心配していました。
早い子だと、一歳前からもう歩き出す子もいるくらいなのに、うちの子は11ヶ月になっても、まだ寝返りさえできませんでした。

月齢によって行く検診のたびに、「うちの子だけまだできない」と感じて不安で心配で仕方がありませんでしたし、検診の先生に「ちょっと遅い」言われるたびに、私の育て方が悪いような気がしてしまい、本当に気持ちが沈んでいました。
周りの人から言われる言葉の一つ一つに敏感になり、相手は悪気なく言っているような場合でも、毎回落ち込んでしまっていました。

十人十色の成長の仕方があって当然、赤ちゃんの個性です

自分の子の成長が遅い事を気にしていましたが、両親がいってくれた言葉で、気持ちが楽になりました。
両親が話してくれたことは、私自身が未熟な状態で早産だったという事でした。
その事実は、その時まで全く知りませんでした。

よその人より小さく未熟で生まれた私は、今や健康体そのものです。
「あんなに小さな子に生まれたあなたが、今じゃ立派なお母さんじゃないの。

子供を予定日近くまでおなかで育てて、こんなに大きく産めたんだから、私たちよりも親としては立派なもんよ。」と言ってもらいました。
その言葉で、ゆっくり成長するのも我が子の個性なのだと、思う事が出来るようになりました。

自分がうんだ赤ちゃんの事を、ほかの子と比べるなんて、ばかばかしい事だし、無駄な心配なんだと、今では思えるようになっています。
子どもが小さいうちは、たくさんの心配事がありますが、その子なりに成長していくから大丈夫だと、自分の気持ちをしっかり持っていこうと決めています。

<20代女性>

スポンサーリンク