赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

完母に移行後、体重の伸びが悪く心配する日々でした

出生時、体重が2194グラムしかなく、完母希望でしたが強制的にミルクと混合栄養になりました。
当初2日間保育器に入れられ、危険な状態は脱しましたが、かなり小さい我が子でした。

生理的体重減少もなく日々体重が増え、予定より1日長く入院はしたものの無事に退院できました。
生後一ヶ月検診で特に問題はなく体重も増加していたため、ここで切り替えようと完母にすることを決意。

途中から完母に移行するのは難しいと聞いていましたが、すんなりミルクをやめてくれました。
ミルクを吐くほど飲んでいるし、大丈夫だろうと思っていたのに生後4ヶ月検診で成長曲線から下にはみ出していますと言われてしまいました。
体重が伸びず、赤ちゃんの成長を心配する日々でした。

完全母乳を諦めない。ミルクに頼らず食事で補えます

生後4ヶ月検診で先生に「5ヶ月になったら、すぐに離乳食を始めてね」と言われたので、5ヶ月になったその日から、離乳食を開始しました。
少し古い育児書などでは小さじ一杯から始めましょうなどと記載がありますが、先生曰くそれは古い情報だからガンガンあげちゃっていいよとのことでしたので、吐かない程度に最初からかなりの量を食べさせていました。
幸いあげれば食べてくれたので、手こずったのは2日程度でした。

どんどん食べられる量も増えてきたので、2週間後には2回食に進みました。
それからも、どんどん食べる我が子。
そして、いつの日からか、授乳してもおっぱいを吐くほど食事をとるようになっていました。

普通の子より早く7ヶ月で3回食に進みました。私よりも食べる。
正直作るのが大変なくらい食べてくれました。
そして、2回食が定着したころ再度小児科へ体重のみ測りに行きました。

成長曲線に入ってる!やっと安心できた瞬間でした。
今でもほかの子より小さ目の我が子ですが、しっかり成長し成長曲線の中にもおさまってくれています。

<20代女性>

スポンサーリンク