赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

はじめての赤ちゃんの母乳育児

私が出産した産院では完全に母子同室ではなく、夜は助産師さんに預かってもらい、決められた時間に授乳をするという病院でした。
そのせいか、産後退院した頃は私の母乳は全く出ず、ほとんどミルクを飲ませるという状態でした。

母乳推進の風潮が強く見られ、私も母乳で育てなくてはと当時の私も強く思っていました。

けれど、吸っても吸っても出ないお乳のせいか、赤ちゃんは授乳のたびに泣いていたので、毎回おっぱいを吸わせた後、規定量のミルクを飲ませるという毎日でした。

ようやく母乳が出るように、でも…

しばらく母乳とミルクの混合で育てていましたが、泣いたらおっぱいを毎日続け、季節が夏だったこともあり私は1時間立たずとも赤ちゃんが泣いたらおっぱいを繰り返していると、徐々におっぱいが出るようになりました。

それまでは授乳の後、必ずミルクを与えていたのが、そのミルクの量は徐々に減り、最終的にはおっぱいだけで大丈夫になりました。
完全母乳で育てられるようになって、私自身は精神的にも満足しましたが、今度は赤ちゃんの体重の増えが気になり始めました。

しょっちゅう市の育児相談に出向き、赤ちゃんの体重をはかってもらい、増えた量で一喜一憂する日々でした。

体重の増えが悪かった月は、毎日頻繁に頑張っておっぱいを飲ませ、体重が順調に増えている時だけは唯一ほっと出来ました。
子供が成長した今、あんなに母乳や赤ちゃんの体重のことで悩んでいたのが、ちょっとおかしいくらいです。

あんなに母乳育児にとらわれることもなかったんだと、今となっては思うし、当時体重の増えが悪かった子供も今では平均よりかなり大柄な子供に育ちました。
赤ちゃん時代は色んなことで悩みますが、過ぎ去ってみればどれも大したことないんだと、今となっては思えます。

<40代女性>

スポンサーリンク