赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

泣きっぱなしの赤ちゃん

私の初めての赤ちゃん、娘ですね、産後4、5日で退院するまで、目がほとんど開いていませんでした。
赤ちゃんを間近で見るのも初めてだったので、みんなそうなんだろう、と思っていました。

退院して、実家に帰り、目も開き始めたのはいいのですが、目が開いている間はずっと泣いていました。
赤ちゃんは泣くものよ、と言われますが、ずっとは異常ですよね?
それに、他の赤ちゃんは半年もすれば、あやすと笑うし、動くおもちゃに反応したりしますが、うちの娘は全く無反応で、表現方法は泣くだけでした。

その内、周りのママさんや近所の年輩の方にも、「目つきがおかしいね」と言われるようになりました。
1歳になるかならないかで、ギャーギャー泣き続ける娘を連れて眼科に行ってみると、「目に異常は無さそうですが、もしかしたら、斜視か強度近視かもしれませんね。大きな病院を紹介します。」と言われました。

大きな病院で診察を受けると、「まだはっきり検査は出来ませんが、おそらく強度近視でしょう。」と言われました。
でも、「眼鏡で矯正出来るのは3歳からです。」と言われたのです。
成長と共に、他の子供と触れ合う場も増えてきますし、物事も分かってくるので、更にヒステリックに泣き続ける日々が続きました。

強度近視の可能性、そして…

最初は、何故こんなに泣くのか全然分からなかったし、他の赤ちゃんがニコニコしているのを見て落ち込んだりしました。
でも、この子の母親は自分しかいないし、この子も私を困らせる為に泣き続けているのではない、と思ったので、4歳までは色々工夫しました。

まず、タイムスケジュールを厳密に決めました。
年輩の子育て経験者の方々には、堅苦しいな~と言われそうですが、毎日、起床、朝ご飯、散歩、朝寝、お昼ご飯、お昼寝といったスケジュールを時間を決めて生活しました。
それと、買い物に連れて行く、子育て支援センターに遊びに連れて行く、といった外出は、決まったルートで行きました。

また、周りの親子に左右されず、自分の娘に完全に合わせて行動するようにしました。
他の親子がもう少し遊んでから帰ると言っても、うちの子が限界だと感じたら、すぐに帰ったり、スーパーで偶然ママ友と出くわしてお喋りをしていても、泣き出したら、すぐにさようならしました。
何故かと言うと、うちの子供は恐怖で泣いているように見えたからです。

きっと他の赤ちゃんが成長と共に広がっていく視界が広がらなかったのでしょう。
大人でも失明したら怖いと思います。なので、決まったパターン通りに生活してあげたら、次はこうだなって感じで、心が安定するのでは?と思ったからです。

人とは違った子育て方法で、孤独を感じる日も多かったですが、3歳で眼鏡をかけ、眼鏡と視界に慣れるのに1年かかったのか、幼稚園に入園する4歳には泣き叫ぶ事もなくなりました。
他の育てやすい赤ちゃんと比べて、どうして自分の子供だけ?って思ってしまいますが、その子の立場に合わせて子育てすれば、母親も楽に子育てが出来ると思います。

<30代女性>

スポンサーリンク