赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

生後4ヶ月、支援センターに通い始めました

支援センターでもずっと泣いてばかりで同じくらいの他所の子は泣かずに楽しそうにおもちゃで遊んでいたり、寝返りをして遊んでいたり、その姿を見てなんでうちの子は…と思って悩んでいました。

ずっと子供が泣いているので私もずっと子供を抱っこしてあやしているいる状態で他所のお母さん達ともなかなかお喋りをする余裕もなく、本当に何しに行ってるんだろう。
…と、毎回思ってそうやって出かけるのはやめようかと考えたこともありました。

支援センターだけでなく、ちょっとした買物に出かける時もチャイルドシートで大泣き大暴れ、ベビーカーも嫌がって抱っこ紐も嫌がって出ようとよじ登るしで本当に大変でした。
私も余裕がなく、毎回パニック状態だったのでそういうのも本当によくなかったのかもしれません。

外出してもずっと泣いてばかりだったうちの子

支援センターに通うのをやめようかと思った時、ふと自分目線で考えてみることにしました。
楽しむ為に行ってる、というより自分のちょっとした気分転換に行ってる、泣いてるなら泣かせておけばいい。と思うようにしてみました。

その支援センターは1歳までの赤ちゃんが通えるところだったのですが、うちの子は8ヶ月になるまでずっと泣いていました。
とにかく泣いて泣いて泣いて…私は子供が泣いていてもとにかくイライラしないように、「どうしたの~?大丈夫大丈夫~」って言いながらずっと抱っこで支援センターの中をぐるぐる歩きまわっていました。

子供がようやくお座りが出来るようになった頃、その支援センターにあったボールプールにふと座らせてみました。
最初は怖がって大泣きしていたのですが、他所の子が楽しそうにボールで遊んでいるのを見てだんだん慣れてきたのかボールに興味を示すようになりました。

1歳になるまでとにかく毎回ボールプールに入れて遊ばせました。
今まであれだけ泣いてたのにね、1番楽しそうwとよく他所のお母さん達にも言われていました。

ボールに興味を示すようになったので、もしかしてと思い、おもちゃのボールをチャイルドシートにつけたり、メリーのようなものをチャイルドシートの日よけ部分に吊るしてみたりして外出してみることにしました。
すると今まで大泣き大暴れだったのに全く泣かずに楽しそうにチャイルドシートで遊び始めました。

たまに楽しそうな声も聞こえてきて本当にびっくりしました。

抱っこ紐はおもちゃをつけることができないので、これは本当に慣れでした。
毎回嫌がってよじ登っていました。冬だったのでとにかく出かけるときはこのほうが暖かいからとずっと抱っこ紐でお出かけをしていました。
腰は痛いし肩も痛いのですがそうやってしているうちにだんだん慣れてきたのかよじ登ることもなくなったし、逆に安心して寝てくれるようになりました。

とにかく自分が落ち着くこと、忍耐、慣れ、この3つが大事だなと。育児って本当にこの3つが重要だと思います。

子供も何もかもが始めてで不安なんだと思います。
お母さんが落ち着いてないと赤ちゃんは余計に不安になるのは当たり前ですよね。
今になって考えると本当に毎回パニクってばかりだったので反省することばかりです。

外出する時にあれだけ大変な思いをしたのに、というかしたおかげなのか、今ではうちの子は外出するのが大好きで毎朝御飯をたべた後必ず玄関に行ってなぜか私のサンダルを履いて外に行こうと誘ってきますw
チャイルドシートに乗るのも大好きだし、支援センターに行ってもキャッキャ言いながら毎回楽しんでいます。

今そうやって外出するのに大変な思いをしていた分、ちゃんと返ってくると思います。
本当に外出するのに苦労は一切なくなりました。今は1人で歩きまわって気づいたらいないとかいうことになってますけど(笑)大変な思いをしてよかったと思える日がちゃんと来るはずなのでそうやって悩んでいるお母さんがいたら今頑張ることが1番大事って思ってもらいたいと思います。

<30代女性>

スポンサーリンク