赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

凄く発達が遅かったです

息子は、運動の発達が著しく遅く、1歳までおすわりも出来ませんでした。

元々、発達が凄く遅かった息子。
4~5ヶ月で出来るはずの寝返りは9ヶ月まで出来ず、1歳になってもズリバイすらせず、ただ寝ているだけでした。

乳幼児後期検診でも勿論問題にされ、大きな病院で発達相談を受けました。
先生に診てもらいましたが、視線などの遅れはなく、手足も動いてはいたので知的障害があるわけではない、というお言葉をもらいました。
ただ、やはり仰向けから手を引っ張り起こすときに、頭があまりついてこないことへの問題を指摘され、とりあえずは様子見をしていこうということになりました。

血液検査などを受けて筋肉量も診てもらいましたが、原因は不明のままでした。

おすわり、伝い歩きというのは赤ちゃんの発育を見る基本の動作らしく、身体の中心がぶれていて伸びないので将来歩くこともできません。
とにかく子供に動くことを教えてあげて、と言われました。

実践したポイント3つ

その時実践したのが、

1)足をなでてあげる

子供足に直接触れて、足をなでて上げるのは歩行を促す上でものすごくおススメだそうです。
ベビーマッサージのような動作も交え、毎日子供の足に触れていました。

2)手を叩いて、呼んであげる

とにかく、動くことの楽しさを教えてあげました。
二人目ということもあり手がかからず放置してたこともあり、いつでも手を伸ばせば近くに玩具がありました。
それらを一切止め、手遊びを交えて呼んであげることにしました。
手拍子へのくいつきが一番良かったので、お姉ちゃんも交えて一緒に遊びました

3)テレビなどを見るときも、なるべくうつぶせを取る

うつぶせ寝は、首を鍛えるのにもっともいいそうです。
寝返りの遅い子で仰向けが好きな子でしたので、仰向けで寝ていることが多かったのですが、嫌がらない限りうつぶせ寝をさせていました。

これらを少しずつやっていって、やがて息子は1歳にようやくおすわりが出来るようになり、その後は1歳2ヶ月でハイハイをはじめ、1歳3ヶ月で伝い歩きをはじめ、1歳半前にようやく歩くことに成功しました。
2歳現在、小走りで走っていき、親でも追いかけるのが大変なほどのやんちゃな男の子となりました。

親として子供の成長は些細なことでも気になりますが、子供と医者の先生の言葉を信じ、少しずつやっていって良かったです。

<30代女性>

スポンサーリンク