赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

はりきって始めた離乳食!楽しみだったのに悩みのタネに

5ヶ月を過ぎた頃、大人が食事をしているとジーっと見つめるようになってきました。
背中を支えると座れるようにもなり、5ヶ月半頃から離乳食を始めることにしました。

始める前に予習をと思い、離乳食の進め方の本を買いました。
ところが実際始めてみると、興味はあるようでもなかなか食べてくれません。
なかなか進まないまま1ヶ月が過ぎた頃、児童館で同じ月齢の赤ちゃんのママとお話しする機会がありました。
離乳食の話になると、その赤ちゃんは順調に離乳食が進んでいてらもうすぐ2回食にすすむということを聞きました。

やっぱりうちの子は食事が嫌いなんだろうか…

悩んでいた時に、おっぱいの調子も悪くなり離乳食や育児についても相談できる母乳外来に行くことにしました。
すると助産師さんに、「離乳食は食べないのがあたりまえ。
食べてくれたらラッキーだよ。」と言われたのです。

離乳食は諦めが肝心。食べる量は赤ちゃんが決める!

食べないのがあたりまえ。
そう言われてなんだかとっても気持ちが軽くなりました。
どんなにがんばって作ってもほとんど食べてくれず、いつの間にかストレスになっていました。

でも赤ちゃんの成長はそれぞれで、体重や身長に差があるように、離乳食の進み方にも差があってあたりまえだということに気がついたんです。
それからは用意した分を完食してくれるという期待はしないことにしました。

離乳食だけを作るのも手間なので、煮物を作るときに味付け前に少しだけ取り分けたり炊飯器でご飯と一緒に根菜類を炊いたり、手抜きをするようにしました。
毎回手作りしても食べてくれないと落ち込んでしまうので、完全に手作りすることも諦めてベビーフードもフル活用!

月齢が進むと食べる量も増え、2歳になった今では完食してくれることも増えてきました。
相変わらず少食ですが体重も増えているので、今も食べる量は気にせず、楽しく食事ができるように心がけています。

<30代女性>

スポンサーリンク