赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

育児書通りにいかないわが子の成長

私の赤ちゃんは比較的体格がよく、生後6か月になってもなかなか寝返りをしませんでした。
早ければ生後4か月、遅くても6か月頃には寝返りをするという成長過程が母子手帳などに記載されているので、とても焦っていました。

そもそもうつ伏せが嫌いなようで、練習しようとしてもすぐに泣かれてしまっていました。
そのため、練習しようにもできずどうしたら良いのかと一人で途方に暮れていました。

初めての育児だったので、育児書通りに成長発達が進んでいないと、すぐに不安になってしまい、個人差があるといってもやはり聞く耳が持てずにいるという、どこか心に余裕がなかったのだと思います。

親の焦りは禁物!赤ちゃんは自然と成長するもの

ありがたい事に、実姉の子供が同じ月齢だったのと、寝返りするのが遅かったという共通点があったので、焦る気持ちは少し抑えることができました。
しかし、わが子の成長は早く見たいというのが親心にありました。

そのため、楽しく寝返りができるようになるような環境を作ろうと思い立ちました。
プレイマットのようなものを購入し、日中覚醒している時はその中に赤ちゃんを仰向けで寝かせておきました。
始めはただ天井を見つめているだけだったのですが、どんどん回りのおもちゃに興味を持ちだして、手を伸ばすようになってきました。
それだけでもとても感動しましたが、そのうち気づくと寝返りに成功していました。

つまり、親がどれだけ焦っても、赤ちゃんは何も気にせずマイペースに一日を過ごすので意味がありません。
親も赤ちゃんも楽しめるような育児の環境を考えることで、赤ちゃんは自然と様々なことを習得していってくれるのだと思います。

<20代女性>

スポンサーリンク