赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

感情表現の豊かな新生児

産まれてすぐからよく泣く赤ちゃんでした。
マンションに住んでおり、隣や上下の方に迷惑ではと気をつかいました。

と言うのは、赤ちゃんは話が出来ない代わりに泣いて表現するという話はよく聞きますし、もちろんそれは理解していましたが、息子は抱っこしている時と熟睡している以外は大きな声で泣く子で、特に仰向けになると嫌がっていつまでも泣き続けてたので、ベビーカーやチャイルドシートでは100%と言っていいほど大泣きでした。
声も他の方々にも太鼓判を押されるほど野太い声でした。

悲しいことに新品のベビーカーはほとんど使うことなく他の方に譲りました。
原因というよりその子の性格のようなものであって、もともと喜怒哀楽の表現が豊かな息子は泣く時は激しく、笑うときも思いっきり笑っていました。
しいて言えば、ご近所を気にして泣くたびに抱っこしていたので、それをしなければよかったのかもしれません。

新生児に対する隣人の理解が一番の励み

色々試してみました。まずはネットや本で同じ境遇の内容を探し読み試しました。
やはりもともとの性格なのでなかなか改善できません。

まずは気になっている隣人からと思い、会った時に息子がよく泣くこと、そして声が大きいことを伝え、いつもすみませんと話しました。
ありがたいことに皆さんとても理解のある方々で「子供は泣くのが仕事でしょ、大丈夫よ」と励ましてくれました。

ベビーカーでの外出はお互いかなりの体力を消耗するので、使用できる時期になった頃に抱っこひもで抱っこして息子にたくさんのお話しをしてあげながら近所をお散歩していました。
幸い夜は授乳の時以外は夜泣きのない子でぐっすり眠っていたのでありがたいと思います。

産後ケアでお世話になった方には大きな声で泣くことは元気な証拠!と言われそれを聞いた私もポジティブに考えようと気持ちを切り替えました。
よく泣くこと以外は健康で病気もほとんどなかったことに感謝すべきだと。

<30代女性>

スポンサーリンク