赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

睡眠不足は母乳の大敵

まだ目もしっかりとは見えていないような新生児。眠っているか泣いているかということがほとんどで言葉も交わせないためお母さんは困惑してしまいます。

何度も何度も昼夜関係なく泣いているので母乳をあげて、おしめを交換していただけで一日が終わってしまうということもしばしば。
私の場合はできるだけ完全母乳で育てていきたいと思っていましたが母乳の出がいまいちでした。

諦めずに母乳をあげつづけることが大事だと助産師さんから聞いていたので頑張りましたが初めての授乳ということもあり乳首が切れてしまったりどのような体勢で授乳したら良
いのかなど何も分かりませんでした。
また、毎日の睡眠不足が原因で母乳の出が良くならずとても思い悩んでいたことを覚えています。

睡眠不足解消!添い寝授乳

新生児時期は本当によく泣くのでお母さんも睡眠不足に陥りがちです。
夜中の授乳の時は添い寝授乳という方法をとるとお母さんの睡眠不足を防ぐことができます。
赤ちゃんの頭の下に二の腕を置き赤ちゃんを横向きにしてあげます。

お母さんも少し横向きになり添い寝しながら授乳する方法です。
始めの内は慣れずになかなか上手く行うことができないかもしれないですが何度かチャレンジしていくと赤ちゃんもこの授乳方法を覚えてお互いの息が合いとても楽に授乳ができるはずです。

この方法ですとお母さんも横になりながら授乳ができますし赤ちゃんもお母さんのぬくもりを感じながら安心して眠ることができます。
夜中の体を起こしての頻回授乳は気力も体力も削られるものになってしまいがちですが添い寝授乳は赤ちゃんを抱きしめお互いにリラックスしながら行える授乳法だと思うのでぜひチャレンジして頂けたらと思います。

<30代女性>

スポンサーリンク