赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

月齢によって変わる赤ちゃんの夜泣きの理由

生後4ヶ月から夜1〜2時間毎に起きる夜泣きに悩まされました。
毎日起きるので、私も夫もなかなか寝る事ができずフラフラでそれが続きだんだんとイライラする事も増えていきました。
一度起きるとなかなか寝てくれず、おっぱいをあげたり抱っこしたり様々な方法で寝かしつけていました。

最初に夜泣きが始まった時は、どうやら寝返りが出来るようになった時期で眠りが浅くなった時に無意識のうちに寝返りをしてびっくりして起きてしまう様な感じでした。
それがだんだんと成長し寝返り返りまで出来る様になると今度はおっぱいを飲みながら寝てしまい、おっぱい欲しさに起きてしまう様になったのです。

生活態度を見直して夜泣き改善

寝返りをして起きてしまう時期は、両側にクッションを置いたり対策をしましたが、窒息が怖くてすぐに辞めてしまいました。
この時期は正直自分達が交代で夜泣きに対応するしかなく、早く寝返り返りが出来る様になる事を祈るだけでした。

おっぱい欲しさに目覚めてしまう時は、生後8ヶ月くらい。
夜間断乳を決意し、最初の3日は大泣きで1時間も泣き続けましたがなんとかおっぱい無しで寝てくれました。
しかしそれでも3時間おきには起きるで心が折れそうになりました。

4日目に生活の見直しをし、起きる時間を7時にし、寝かす時間を今までの9時から7時時に早め、夜の6時になったら明るい電気は付けず豆電球で生活しました。
すると寝る時も添い寝してトントンと肩を叩いているとびっくりする位すぐに寝てくれました。
その日は朝の5時までぐっすり寝てくれました。
その生活を続けているとリズムも整い夜泣きもなくなり、卒乳も楽にできました。

<30代女性>

スポンサーリンク