赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

うちの子病気だったの?

当時、海外に住んでいたのですが、子供が生後10か月の時に、肺炎になりかかりました。
近所のかかりつけ医ではなく、初めて大きな病院に行ったところ、体重が基準をかなり下回っていることを指摘されました。

かかりつけ医では、小さいけど、少しずつ成長しているから大丈夫!離乳食で頑張っていきましょうという話をしていたのですが。
出産時は3060グラムでしたが、2か月半で主人のいる海外に戻り、頼る人もなくストレスを抱えたせいか母乳が思っているより出ていない無かったのではないかと思います。

生後10か月時にまだ6キロしかなかったので、検査をし、数値はかなり低いのですが、先天性代謝異常の可能性を指摘されました。
先天性代謝異常の検査は日本でも産後すぐに行われていましたが、日本の検査は当時数が少なく、網羅されていない部分が多かったそうです。

先生の言葉で安心

海外の病院では説明も難しかったので、日本で有名な先生を紹介してもらい検査に行きました。
日本の検査では何も問題ないということでした。
体重は少ないけど、身長は少しずつ伸びているし、よく動いていたので成長にも問題無し。

先生に「人間には器というものがある。細い子もいれば、ぽっちゃりしている子もいる。背の高い子もいれば、背の低い子もいる。それはそれぞれの子で違うものだから、今はそういうものだと思って、お母さんはどーんとしていてください。」と言われました。

ただ、海外の病院で一度ひっかかったということは、体調を崩した時に代謝異常が起こる可能性もあるので、子供が体調を崩した時にいつもと何かが違うという時は必ず病院に行き、検査の話をする様にということも言われました。
それ以降は、普段はどーんと構えてストレスをためず、体調を崩した時にはちゃんと様子を見るようにしています。
今でも小さいけど、元気な小2です!

<30代女性>

スポンサーリンク