Baby Growth(赤ちゃん成長ガイド)は、出産後はじめて赤ちゃんの育児をされるママやパパを対象にした総合子育て応援情報サイトです。

離乳食中期(7〜8ヶ月)

舌とあごでモグモグ食べる練習をする時期


スポンサーリンク

離乳食中期(月齢7〜8ヶ月)

スタートの目安
上下の唇を閉じて、トロトロ状の食べものをしっかり飲み込めるようになったら。

舌で押しつぶして食べられるくらいの固さを目指して

この時期の離乳食の固さの目安は、豆腐や茶わん蒸しくらいです。
このころの赤ちゃんは、舌で食べものを押しつぶせるようになるので、形はあるけれど、舌と上あごで簡単にくずれるようなものでなくてはなりません。
裏ごしやすりつぶしはもう必要ありませんが、舌ざわりをよくするために、片栗粉やコーンスターチでとろみをつけるのもポイントです。
のどごしがよくなるので、赤ちゃんも食べやすいでしょう。
食事の回数は1日2回が目安です。時間帯はいつでもいいのですが、一般的には、午前10時と午後2時くらいにするママが多いようです。離乳食が2回になると、授乳の量が減っていくかもしれません。ただ、まだ栄養の主体は母乳やミルクなので、離乳食後の授乳は欲しがるだけ与えましょう。

中期の固さの目安

舌で簡単につぶせるフワフワのものを。

食べられる量は赤ちゃん次第無理強いしない

7〜8ヶ月くらいになると、赤ちゃんの食べる量が減ったり、食べたり、食べなかったりのムラ食べが始まることもあります。
急に食べる量が減るとママは心配になりますが、赤ちゃんの機嫌がよく、元気なら気にしないようにしましょう。
寝返りやおすわりができるようになると、赤ちゃんの視界が広がります。
食べること以外にも興味を持つようになり、ときには食事に集中できないこともあるのです。
食事のときはテレビを消すなどのけじめは大切ですが無理強いせず、ママが話しかけながら楽しく食べさせましょう。また、赤ちゃんの食べる量には個人差があります。あせらず、その子のペースで進めましょう。

やわらかすぎも固すぎもダメ!固さを見直して

赤ちゃんの口の動きを観察したときに、モグモグせずに飲み込んでいる場合は、離乳食の固さをもう一度見直しましょう。食品が初期のようにやわらかすぎると、赤ちゃんはかむ必要がないので、そのまま飲み込んでしまいます。
反対に固すぎると、舌でつぶせずに丸飲みしてしまう原因になるのです。
この時期の離乳食の固さは微妙なので、他の期に比べて少し難しいかもしれません。
豆腐や茶わん蒸しくらい、ママの指で楽につぶせるくらい、かぼちゃやじゃがいもなどは煮くずれる一歩手前くらいが目安でしょうか。
中期向けのbaby foodを参考にして、ママの手作りと比べてみるのもひとつの方法です。

栄養のバランスを考えて変化をつけましょう

まだまだ栄養の主体は母乳やミルクですが、少しずつ離乳食の占める割合が増えてきます。
ゆっくり2回の食事の内容を充実させていきましょう。
1回の食事に、炭水化物(体を動かすエネルギー源)、たんぱく質(血や肉を作る)、ビタミン・ミネラル(体の調子を整える)の3つの栄養素が、バランスよく含まれるようにしたいものです。
おかゆの中に、野菜や卵を混ぜ込むおじやは栄養のバランスもいいし、1皿で済むのでママは楽かもしれません。ただ、徐々に主食と副食を分けて献立を立てるようにしましょう。
毎回厳密に考える必要はありませんが、1日単位で3種類の栄養がとれるのが理想です。

味は薄味が基本!調味料はほんの少しだけプラス

まだまだ薄味が基本です。野菜や肉など、自然界からとれる食品には、微量ですが塩分や糖分が含まれています。素材そのものが十分おいしいはずなので、調味料はできるだけ使わないか、使っても香りづけ、風味づけ程度にしましょう。
ほんの少量加えるだけでも、味に変化がつきます。
赤ちゃんが一度大人の食事のような濃い味に慣れてしまうと、それまでの薄味が物足りなくなり、あまり食べなくなってしまうことがあります。将来の生活習慣病を防ぐためにも、今から薄味に慣らしてあげましょう。
離乳食作りをきっかけに、大人の食事も薄味を心がけるようになれば、家族の健康のためにもいいですね。

こんなものも食べれるように

炭水化物

スパゲッティー、米(全がゆ)、コーンフレーク、里芋、オートミール、マカロニ

たんぱく質

鶏ささみ肉、全卵、レバー、いんげん豆、ツナ(水煮缶)、鮭

野菜類

にら、ピーマン、アスパラガス、ブロッコリー、わかめ、長ねぎ

0歳からおすすめしたい絵本


スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Baby Growth All Rights Reserved.