Baby Growth(赤ちゃん成長ガイド)は、出産後はじめて赤ちゃんの育児をされるママやパパを対象にした総合子育て応援情報サイトです。

離乳食後期(9〜11ヶ月)

歯ぐきできちんとかむ練習をする時期


スポンサーリンク

離乳食後期(月齢9〜11ヶ月)

スタートの目安
豆腐を舌で上手につぶせて、1回に子ども用茶わん約1杯食べれるようになったら。

かむ力をつけるためにあせらずじっくり進めて

口をモグモグよく動かしたり、1回に子ども茶わん1杯くらい食べるようになったら、3回食に進みます。目安は9ヶ月くらいですが、月齢にこだわらず、赤ちゃんの様子を見ながら進めましょう。
1回の量が少ないようなら、月齢が進んでも、しばらく2回食を続けましょう。
大切なのは、回数を増やすことや、固いものを食べられるようになることではありません。
それぞれの赤ちゃんに合ったペースで、じっくりかむ練習をすることが大事です。
ママはあせらずに、赤ちゃんの様子を見ながら進めましょう。
2回食から3回食になったときに、1回の食事量が少し減るかもしれません。
回数が増えたのですから、1回の量が減るのは当然です。1日のトータルで、今までくらい食べていれば心配ありません。

後期の固さの目安

5mm角くらいの大きさで、バナナくらいの固さ。

大人の食事時間に少しずつ合わせてもいいかも

3回の離乳食タイムの間隔はできれば3〜4時間開けるようにしましょう。
3回の食事に慣れできたら、だんだん大人と同じ時間帯に合わせてもいいかもしれません。
パパやママと一緒なら、赤ちゃんも喜ぶでしょう。
ただ、いきなり時間帯を変えたりせず、赤ちゃんのリズムを大切に、少しずつずらしましょう。
3回目の離乳食は、遅くなりすぎないよう、午後8時くらいには済ませましょう。
大人の食事から取り分けるときも、まだまだ薄味が基本です。
大人の食事をそのまま食べさせないように。
調味料を加える前に取り分けたり、調味料のかかってない部分を食べさせるなど、工夫しましょう。

食べ散らかしやムラ食べはこの時期は仕方ない

食べものにさわったり、自分で食べたがったりするのは、赤ちゃんが食べることに興味を持ち始めた証拠です。
散らかされると、ママはイライラしてしまいますが、せっかく芽生えた食べることへの意欲を大切にして、しばらくは見守ってあげましょう。
汚されるのは覚悟の上で、ビニールシートを敷くなど、対策を考えましょう。
赤ちゃんが手づかみで食べられるメニューを考えてあげるのもいいですね。
好き嫌いが出るころかもしれません。
1回食べなかったからといって「この子はトマトは嫌い」と決めつけず、調理法を工夫してみましょう。食欲にムラが出ることもありますが、元気なら心配ありません。

かむ力をつけるために固すぎるものはマイナス

9ヶ月をすぎると、前歯が生えてくる赤ちゃんも多いでしょう。
この時期に、かむ力をつけようと、固いものを与えてしまうママも多いのですが、かえってマイナスです。かむ能力よりも固いものを与えられると、赤ちゃんは吐き出してしまうか、かまずに丸飲みしてしまいます。
これではかむ練習になりません。歯を使ってかめるようになるのは、奥歯が生える1歳半過ぎごろです。それまでは歯ぐきを使って、かむことの基礎を作ることが大切です。
ママが指に少し力を入れるとつぶれるくらいのものを与えましょう。
ある程度の大きさがないと、歯ぐきでつぶせないので、素材は5〜7mm角くらいに切りましよう。

栄養分の主体が離乳食へ。バランスを考えて

このころから、必要な栄養の半分以上を離乳食からとるようになります。
今まで以上に栄養のバランスに気を配るようにしましよう。
主食に米やパンなどの炭水化物、主菜に魚や肉、卵などのたんぱく質、副菜に野菜や果物などのビタミン、と考えると献立が立てやすいかもしれません。
毎回バランスをとるのは大変なので、1日のトータルで考えましょう。
3回食になると、食後の授乳はほとんどなくなるかもしれません。
まだ、栄養のすべてを離乳食からとるのは難しいので、3回の離乳食と2回の授乳が1日の食事だと考えてください。
フォローアップミルクをコップて飲む練習を初めてもいいころです。

こんなものも食べられるように

炭水化物

ホットケーキ、米(5倍がゆ)、クラッカー、パン(トースト)、めん類(長さ約1cm)、

たんぱく質

牡蠣、卵(半熟)、豚肉、大豆、牛肉、いわし・さば

野菜類

たけのこ、れんこん、きのこ類、ごぼう

0歳からおすすめしたい絵本


スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Baby Growth All Rights Reserved.