Baby Growth(赤ちゃん成長ガイド)は、出産後はじめて赤ちゃんの育児をされるママやパパを対象にした総合子育て応援情報サイトです。

離乳食初期(5〜6ヶ月)

唇を閉じて飲み込む練習をする時期


スポンサーリンク

離乳食初期(月齢5〜6ヶ月)

スタートの目安
よだれが増えたり、大人が食べているのを見て、欲しそうな顔をするようになったら。

5ヶ月に入って開始のサインがあればスタート

生後5ヶ月に入ったら、そろそろ離乳食のスタートです。パパやママが食べているのをじっと見つめていたり、口をモグモグ動かして、食べたそうなそぶりを見せたら、離乳食受け入れ準備OKのサインです。初めての離乳食は、早朝、深夜を除いた1日の授乳時間の、1回を離乳食タイムにします。初めての離乳食は、赤ちゃんが病気などをしておらず、機嫌のいいときにあげましょう。
赤ちゃんが生活リズムを作るためにも、一度決めたら、なるべく同じ時間帯にあげるのが理想的です。
1日目は1さじからスタートして、少しずつ量を増やしていきましょう。
あまり食べなくても、この時期の栄養の主体は母乳やミルクなので、気にせず、ゆったりしたペースで進めていきましょう。

初期の固さの目安

スプーンからトロリとたれるくらい。

なめらかで飲み込みやすいものを用意して

離乳食といっても、あまり難しく考える必要はありません。
コツはひとつだけ。飲み込みやすい、なめらかなポタージュ状になっていることです。
これさえ守っていれば大丈夫。母乳やミルクしか飲んだことのない赤ちゃんが、スムーズに飲み込めるものを用意してあげましょう。
最初に食べさせるものは、消化のよい米がゆをすりつぶしたものや、野菜をポタージュ状にしたものなどがおすすめです。
始めたばかりのころは、スプーンにほんの何杯かなので、ベビーフードを利用するのもいいでしょう。離乳食の温度は、ミルクと同じで、大人が冷たくも熱くも感じない、人肌くらいが適温です。

最初は単品から少しずつ食品の種類を増やして

最初のうちは、栄養をとることよりも、スプーンの感触や離乳食を飲み込むことに慣れさせるのが目標です。特に栄養バランスを考えることはありません。
最初の5日間くらいは、穀類やいも類を中心にするのが一般的です。
食べる量が増えるにつれて、野菜類やたんぱく質を加えていきましょう。
ただし、赤ちゃんの未熟な胃腸で消化しにくい肉類は、離乳中期に入ってから与えましょう。
味つけはほとんど必要ありません。
素材の味を味わわせてあげるだけで十分です。
調味料を使う場合も、大人が味を感じないくらいでちょうどいいのです。
このころは、離乳食+授乳で1食と考えて、欲しがるだけ飲ませてあげましょう。

最初は上手に飲み込めなくても根気よく続けて

これまで吸うことしかできなかった赤ちゃんの舌は、乳首に吸いつくための前後運動しかしていません。このころは、唇を閉じてゴックンと飲み込む練習をする時期です。
唇を閉じる動作は、かむ力を発達させることにつながる、大切な意味があります。
飲み込みやすいように、舌の真ん中より少し前のほうに食べものをのせてあげましょう。
最初は飲み込めずにこぼしたり、吐き出したりすることもありますが、こぼしたものをスプーンで受けて、また口に入れてあげましょう。
最初は上手にできなくて当たり前です。ママがイライラすると、赤ちゃんも緊張するので、リラックスして根気よく食べさせましょう。

飲み込むことが上手になったら2回食に進もう

離乳食をスタートして、1ヶ月もたつと赤ちゃんもだんだん慣れてきます。
唇を閉じて飲み込むことが上手になってきたら、離乳食の回数を1日2回に増やしてもいいころです。1回目と2回目の間は3〜4時間くらいあけるのが理想的です。
トロトロのポタージュ状に慣れできたら、なめらかさはそのままで、水分を少し減らし、ヨーグルトくらいの固さのものが食べられるようになります。
ただ、赤ちゃんによって離乳食を進めるペースは違うので、食べないなら無理に2回にする必要はありません。
離乳食を始めると、うんちの様子が今までと変わってきますが、赤ちゃんが元気なら、まったく気にすることはありません。

こんな食品がおすすめ

炭水化物

そうめん(そうめんがゆ)、米(10倍がゆ)、じゃがいも・さつまいも、パン(パンがゆ)
バナナ、うどん(トロトロ煮)

たんぱく質

卵(卵黄)、豆腐、チーズ、ブレーンヨーグルト、自身魚

野菜類

キャベツ、かぼちゃ、玉ねぎ、トマト、果物、にんじん

0歳からおすすめしたい絵本


スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Baby Growth All Rights Reserved.