Baby Growth(赤ちゃん成長ガイド)は、出産後はじめて赤ちゃんの育児をされるママやパパを対象にした総合子育て応援情報サイトです。

離乳食の進め方

  • HOME »
  • 離乳食の進め方

離乳食の進め方

いつ、何をどのくらいあげたらいいの?

離乳食を食べるときの、赤ちゃんの口の動きや、固さの目安をわかりやすく一覧表にまとめました。
迷ったときはこの表を見て参考にしてください。

スポンサーリンク

離乳食の進め方 “早見表”

  食べ方 食べ物の固さ
離乳食初期
(5〜6ヶ月)
おっぱいやミルクを飲むだけだった赤ちゃんは、舌を前後に動かすことしかできません。
食べものをスプーンからくちびるではさみとり、舌で口の奥に運んで、くちびるを閉じ、ゴックンと飲み込みます。
“固まりがなく卜口トロから”
口の中にひっかかる固まりがない、卜口卜口状のものから始め、少しずつ水分を減らしてベタベタ状にしていきます。
離乳食中期
(7〜8ヶ月)
舌を前後だけでなく上下に動かせるようになり、食べものを舌で上あごに押しつけ、つぶすことができるようになります。
食べものをつぶすとき、赤ちゃんのくちびるは左右に伸び縮みします。
“フワフワと舌でつぶせる”
ママの指で簡単につぷせるくらいにやわらかいものをあげます。赤ちゃんが飲み込みやすいように、とろみをつけてあげるといいでしょう。
離乳食後期
(9〜11ヶ月)
舌を左右に動かせるようになり、食べものを歯ぐきの方に寄せて、歯ぐきでかめるようになります。
片方のほおがふくらんでいたり、くちびるをよじるように閉じているなら、しっかりとかんでいる証拠です。
“歯ぐきで簡単につぶせる”
指でつまんで少し力を入れるとつぶれるくらいの固さにします。手づかみも始まるので、赤ちゃんがつかみやすい工夫をしましょう。
離乳食完了期
(1才〜1才3ヶ月)
舌やくちびる、あごを自由に動かせるようになります。
歯が生えてくるにしたがって、前歯で食べものをかみ切ったり、奥歯でかみくだいたりできるようになり、そしゃく力もだんだん大人に近づいていきます。
“かむ力に応じてやわらかめのものを”
最初は後期と同じ固さから始めます。歯が生えたとはいっても大人のようにはかめないので、かむ力に合わせて固さを調節してあげましょう。

スポンサーリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Baby Growth All Rights Reserved.