Baby Growth(赤ちゃん成長ガイド)は、出産後はじめて赤ちゃんの育児をされるママやパパを対象にした総合子育て応援情報サイトです。

パパの育児参加

  • HOME »
  • パパの育児参加

パパの育児参加

慣れていなくても大丈夫。パパの育児参加

初めての育児にママは不安がいっぱい。そんなとき、パパにうまくサポートしてもらえたら百人力!
頼りがいのあるパパに、ママも安心して育児に取り組めます。

スポンサーリンク

まずはスキンシッブからスタート

1. 見つめ合おう
赤ちゃんの目をじっと見て、パパの存在をアピール。

2. 触れてみよう
赤ちゃんの手にパパの指を触らせると、ギュッと強く握ってきます。

3. 抱いてみよう
首のすわらない赤ちゃんを抱くのはこわいかもしれませんが、首を支えながら抱き上げてみましょう。

赤ちゃんの世話をしてみましょう

1. ミルクを飲ませてみよう
ミルクを作って飲ませましょう。母乳の場合は搾乳した母乳を哺乳びんに入れて。
ママが留守のときの授乳の練習にもなります。

2. お風呂に入れてみよう
多くの家庭で赤ちゃんの入浴はパパの担当です。最初はうまくいかなくても大丈夫。
すぐに上手になります。

3. おむつを替えてみよう
最初はおしっこのときに。慣れてきたらうんちのおむつ替えにも挑戦。
うんちの処理ができるようになればもう一人前!

さあ、赤ちゃんと2人きりで1日留守番してみましょう

1. ママは1〜2時間美容院へ
パバは赤ちゃんと留守番。大丈夫かな?

2. ママに半日の休暇をプレゼン卜
ミルクを飲ませたり、おむつを替えたり、お昼寝させたりと大忙しです。
日ごろの成果が試されます。

3. ママは友人たちと日帰り旅行に
まる1日、赤ちゃんと留守番ができれば、もう立派な育児パパ/イクメン(母乳の場合は、日ごろから哺乳びんに慣れさせる必要があります。ママは出かける前に母乳の保存を忘れないで)。

初めてでも安心!赤ちゃんの快適ライフと心の発達

お互いに協力しあって育児を

いくら赤ちゃんを産んだとはいえ、初めての育児にママも不安でいっぱいになるもの。
子育てはひとりでできるものではありませんから、ママは、パパの助けを得られるように、パパが育児をしやすいように準備しておくことも大切です。
パパの出番は、沐浴、ミルク、おむつ替え、遊び・・・とたくさんあります。たとえば沐浴。
初めはおっかなびっくりかもしれませんが、ベビーバスや温度計、ガーゼなど必要な物がセットされていれば、パパも安心。また、最初は2人でいっしょに行い、「パパがいれると、○○ちゃん、うれしそう」など、感謝や激励の一言葉を添えるようにしましょう。
何ごとも、2人にとっては同じように初めてのことだらけです。
ニコッとした、声を出した、呼びかけた、など赤ちゃんの日々の成長に、新しい発見の毎日ですから、2人で子育てを楽しんでいきたいものです。

共働きの場合の育児のコツ

共働きで育児という場合、やはりママの負担はかなり大きくなることが多いもの。
可能ならパパにも育休制度を利用してもらったり、保育園の送り迎えをしてもらったりすると、ママもだいぶラク。
子どもの手のかかる数年間、家族としての生活設計を十分話し合い、手を抜けるところは手を抜きながら周囲の援助を求めつつ、子育てを大切にしたいものです。

タバコの吸い殻には、気をつけて!

乳幼児の家庭内の事故でよくあるのが、赤ちゃんがタバコの吸い殻を口に入れてしまうこと。
ハイハイやつかまり立ちをするころの赤ちゃんは好奇心がいっぱいです。
目に見えるもの、手に触れるものは何でも口に入れてしまいます。
テーブルの上に般置されたタバコの吸い殻は非常に危険!
一番危険なのは飲みかけの缶飲料の中に吸い殻を捨てること。ジュースと間違えて赤ちゃんが飲んでしまうと、最悪の場合、生命にもかかわります。乳幼児のいる家庭では絶対に缶飲料の中にタバコの吸い殻を捨てないようにしましょう。
また、タバコの煙は赤ちゃんの健康のためによくありません。ぜんそくや気管支炎などの引き金になる場合があります。
タバコは赤ちゃんのいない場所で吸うようにしましょう。

0歳からおすすめしたい絵本


スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Baby Growth All Rights Reserved.