赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

周囲の目が気になっていた移動手段

出産後、我が家は車がないのでどこへ行くのにも電車、バス移動になります。
そうなるとベビーカーと抱っこ紐は必須です。

ベビーカーは荷物を掛けられる事は良いのですが、とにかく電車では嫌がられます。
たたむにしても赤ちゃんをまず抱っこ紐で固定して、たたんで、荷物も沢山持ってになるので時間もかかります。
周囲の目線もとても気になりました。

せっかくそこまでした途端泣き出したりで、それに慌てた途端ベビーカーが倒れたり散々でした。
電車やバスには仕事で疲れている方、ゆっくり移動中眠りたいお年寄り、子供や赤ちゃんが根本的に苦手な方も多くいます。
見た目にはそれは分からないので、赤ちゃんとおでかけする時はいつもハラハラしながら落ちつかない気持ちでした。

私なりの電車での移動中のポイント

車がないのは仕方ない事で、どうしても電車やバスに乗らなくてはいけない時、周囲の目線が気になりだした頃から私も周囲を見る様にしました。
1人で赤ちゃんとおでかけする時は、なるべく同じ環境の赤ちゃん連れのママ、小さい子供連れの家族が乗っている車両に移りました。

そこにいる人達なら赤ちゃんが泣き出した時でもやはり寛大でした。
同じ気持ちを知っている分声をかけてくれたり、ベビーカーをたたんでくれたり親切でした。
自分も家族と一緒なら色々話せて気軽に頼めますが、1人で赤ちゃんと沢山の荷物をかかえての移動は本当に大変なのです。

赤ちゃんのおむつって1日おでかけとなると10枚は持ち歩きます。
それだけで荷物は膨れます。

なるべく衣類、替えのおむつはリュックにしまい両手は空けた状態にしました。
すぐに使うものはマザーバッグに詰めてベビーカーにかけておくのです。
おでかけするのにも電車は本当に精神的にも肉体的にも大変でした。

<30代女性>

スポンサーリンク