赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

自己主張が強く、泣いてばかりの娘

うちの娘はとにかく泣き出すと落ち着くまでに時間がかかるタイプでした。
赤ちゃんの頃から我が強く、自分の思い通りにならなかったときの怒り方は本当にすごくて、ところかまわずギャンギャン泣き続けて大変でした。
そのため、おでかけする時はびくびくしていました。

ショッピングモールなどで泣かれたらどうしようと思いながらいつも出かけていて、予想通り5回にでかけて4回は泣かれているという状態でした。
原因として考えられることは、言葉が話せない年齢のため自分の主張を泣いて伝えるしかないということだと思います。
そうはいっても毎回赤ちゃんを泣かせっぱなしにするわけにもいかないので対策を考え始めました。

話せない子供のためにあらゆる可能性を用意しておこう

解決策としては、まず他に気をそらす手を見つけておくことです。
今一番気に入っているおもちゃを赤ちゃんに持たせてみたり、それでダメなら赤ちゃんせんべいを持たせてみたり、眠くなった時用のおしゃぶりを加えさせてみたり、立ったり歩いたりできるのであれば歩かせられるように靴も用意しておくなど、ありとあらゆる可能性に備えていろいろなものをバッグに入れておきました。

うちの娘は生後10ヶ月で歩き出したので、自分で歩いて目的地へ行きたくて抱っこから解放してほしくて泣いていたこともありました。
そういうときはできるだけ歩かせて本人の気のすむようにさせてあげるといいと思います。

一番やってはいけないことは、知らんぷりをすることです。
時間がない場合でも納得する方法をその時その時で考えてあげることが大切です。
そのため時間に余裕を持ってでかけることが好ましいのです。

<20代女性>

スポンサーリンク