赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

事前の対策で赤ちゃんと楽しくお出かけ

子供がまだ小さい頃は、引っ越ししたり、お金に関する手続き等で、意外と遠くにお出かけしなければならないことってありますよね。
そして例え記憶には残らなくても、小さい頃にこそ、色々な景色を見せてあげたいと私は思っていました。

でも、それには悩みもたくさんついてきます。まだオムツをつけているのに、交換できる場所があるか。
授乳しなければならいときはどうするか。グズって泣き止まないときはどうすればいいのか。

でも、オムツ替えに便利なグッズを用意しておくこともできるし、授乳時間は、通常通りにしているのが原因で、外出に合わせて調節も可能だったり、グズるのは飽きているか眠いかどちらかが原因だったりしました。

意外と簡単な赤ちゃんとのお出かけ対策

まず、オムツ替えの場所があるかどうか。と授乳場所の問題です。
私は初めのうちは、新しめのショッピングモールにお出かけするようにして、外でのオムツ対応と授乳に慣れるようにしていました。
最近のショッピングモールはファミリー向けにできているので、綺麗な個室授乳室が完備されており、オムツ交換台もあります。

個室授乳室なら、外出に慣れてない赤ちゃんでも、周りに気を取られることなく授乳できます。
ミルクを飲んでいる赤ちゃんには、調乳できる場所もあります。

そして、もっと色々なところに出掛けたくなったときに、楽しくお出かけしたいなら、1才までは是非、車で出かけることをオススメします。
車は本当に便利です。座席でオムツの交換もできるので、オムツ交換場所がないときも安心です。

その際に活躍するのが、オムツ交換シート。
万が一、車を汚してしまうかもしれないという不安を解消できます。
これは、裏面が防水になっている紙で、座席にそれを敷いたところに赤ちゃんを寝かせてオムツ交換をすれば、とても安心です。
もちろん、車では授乳もできます。ケープが苦手な赤ちゃんなら、人が来ない場所に車を停めて、念を押すなら窓を目隠しして授乳することができます。

最後に一番の問題、外出先でのグズりですが、これはまずら赤ちゃんが眠い時間には外に連れ出さないことです。
外の刺激で眠りたくても眠れないこともあります。
眠い時間には、車に乗せたままドライブして寝かせてあげるのが一番だと思います。

そして、眠くないはずなのにグズるのが赤ちゃんですよね。
そんな時のために、お気に入りのおもちゃを入れたバッグは忘れずに持っていくべきです。

もし、いつもよりかなり遠くにお出かけするのなら、新しいおもちゃを1つ持っていくのもいいと思います。
赤ちゃんは新しいものが好きなので、新しいおもちゃには喜んでくれるはずです。

<30代女性>

スポンサーリンク