赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

泣かれると自分も泣きたくなる

常に思っていたのは、おしめを変える場所や、タイミングがうまくいくかどうかということでした。
特に、ウンチはいつするかわからないですし、電車に乗っている最中に臭いがしたら…とか、駅で赤ちゃん用のベッドがなかったらどうしようとか、本当にそう思うだけで、出掛けるのをやめたこともあります。

公共の場では、大泣きしたらどうしよう、まわりに迷惑をかけてしまうということも、常に心配だったことです。
お腹が空いたからか、眠いのに眠れないからか、何かほかに原因があってしか泣きませんが、母親でも理由がわからないときがあります。

赤ちゃんのパターンを知ろう

どうしても出かけなくてはならないときは、色んな方法を試して自分と赤ちゃんに合うものを見つけるといいと思います。
私の場合は、出掛けようと思う日からさかのぼって、赤ちゃんの行動などを時間できっちりチェックしておきました。

だいたい何時ごろにウンチをしたとか、この時間あたりに眠ってくれるとか、泣き出すときはご飯を食べたあろどのぐらいでかとか。
出来たら、ベビーカーに乗せて出掛けている間に、眠ってくれていると一番楽だということもわかってきました。
揺れていると眠ってくれやすいですし。

でも、そうなかなかうまくいかないのが赤ちゃんです。
パターンを把握していても、その日に限って…ということも何度もありました。

出来るだけ、赤ちゃんと自分だけでなく、だれかもう1人一緒だと一番いいのですが。
ちなみに自分の母が一緒だと、私は一番安心でした。

<20代女性>

スポンサーリンク