赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

場所見知りな性格のせいで,大人しい遊びばかり好むように…

我が子は0歳の頃から場所見知り(特に人混みが苦手)がひどく、児童館のような他の赤ちゃんがたくさん遊んでいるし、おもちゃも色々と用意されている楽しそうな場所でも、母親から片時も離れられず、その空間にいるのが嫌だ、といわんばかりに大泣きしていました。

あまりにも泣くので、0歳児だし、まだ無理に外に連れ出す必要もないかな…と母親と二人で遊ぶのが中心、という生活をしばらく送っていたのですが、状況は更に悪化し、ショッピングモールや公園等で、人が集まっていると逃げるようになってしまいました。
外遊びが少ないせいか、歩き出してもすぐに抱っこをせがむ(自分で歩けることを楽しんでいない)、絵本や教育番組の視聴といった大人しい遊びばかりを好む、という傾向も見られ、このままでは運動系の遊びが苦手な子になってしまうのではないか、と不安を感じました。

お外で色んな刺激を貰った結果、遊び方もアグレッシブに変化!

とにかく、我が子の場所見知りを解消するにはそういった環境に慣れるしかない!と思い、ほぼ毎日児童館や公園など子供が集まりそうな場所に出かけ、同じような月齢の赤ちゃん達が集うイベント等にも積極的に参加しました。

もちろん、イベントが終わるまで我が子は泣き続けましたが、途中退場せずに参加し続けました。常駐の保育士さんが、大泣きする我が子を見て「そのうち慣れるから!」と言って下さったのを信じて、毎日色んな所へ子供を連れて行きました。

その結果、4か月程過ぎた頃から、泣かずに他のお友達と一緒に踊ったり、遊べる時間が少しづつ増えてきました。
子供も「泣いても帰れない」ことが分かり、根負けしたのだと思います。(先生方にも「ママとの根競べだね!」とよく言われていたので…)
次第に、外で自由に動き回ることや、音楽に合わせて踊ることの楽しさに気付いたのか、外でも声を上げながら走り回ったり、踊ったりと活発になりました。

<20代女性>

スポンサーリンク