赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

新幹線内での心配事

子供が生後3か月の頃、どうしても新幹線に乗らなければならない事態が発生しました。
生後3か月で新幹線に3時間弱…。
大人でも長時間になると時間を持て余してしまうのに、赤ちゃんには相当しんどい旅になるだろうことは簡単に予想できました。

しかも、まだ私自身も育児に慣れたとは言えない時期。
途中で泣き出してしまったらとりあえずデッキに行くとして、そのほかのお世話はどうしたらいいんだろう?と心配でいっぱいでした。
特に悩んだのが、新幹線内での授乳はどうしよう?ミルクにするならどうやって作ろう?オムツ替えをする場所はあるんだろうか?の3点でした。

こんな風に解決しました

授乳→すっぽり被るタイプの授乳ケープを使って、座席で授乳。突然使うと子供がびっくりして嫌がることも考えて、事前に家で授乳ケープを被って授乳する練習をしました。
ミルク→3時間の乗車なので、飲んでも1回だけだろうと見込み、あとは授乳で頑張ることにしました。
滅菌した哺乳瓶に予め粉ミルクを入れたもの、魔法瓶に熱湯、ペットボトルで売られているミルク用の水、の3つを用意して、飲ませたいときに座席で混ぜるだけ!で与えていました。
オムツ→私が乗ったのは山陽・東海道エリアののぞみでしたが、その車両だと11号車と12号車の間に多目的室や広いトイレがあってオムツ替えに便利だと先輩ママさんに教えてもらったのでその付近の座席をあらかじめ予約しました。

同じように子供連れの方が多く乗車していて心強かったです。
多目的室は他に使用している人がいなければ、車掌さんにお願いすると授乳にも使わせてもらえるそうです。

<30代女性>

スポンサーリンク