赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

赤ちゃんが泣いてしまったらどうしょう

ほぼ、車移動の我が家でしたが、旅行などでは電車やバス、飛行機、新幹線などを利用していました。
利用するに辺り、赤ちゃんが泣いてしまったら周りに迷惑をかけてしまうのではないかと不安でした。
車移動に慣れている赤ちゃんだったので、違う乗り物や雰囲気になると泣いてしまう可能性は高かったです。

我が子は、私が立って縦抱っこをしてあやさなければ泣きやまなかったので、公共機関を利用するのには勇気がいりました。
特に、バスや飛行機は立ってあやすことが難しいし、飛行機に至っては途中下車もできません。
そこで、泣いてしまわない工夫や、泣いた時の対処法などイロイロ探ってみるようにしました。

おやつよりもおもちゃで時間を過ごしましょう

まずは赤ちゃんのリズムを、十分に把握した上で計画を立てるようにしました。
睡眠時間に移動をすると、赤ちゃんもストレスになりません。
ですので、出発時間などを赤ちゃんリズムで決定していくようにしました。

しかし、飛行機など、本数が少ない乗り物もあります。
そういうときには、好きなおもちゃを持って行くようにしました。

私の鞄の中には常に小さなおもちゃを忍ばせています。
普段からそのおもちゃで一緒に遊ぶ様にしておくと、バスや飛行機の中でもいつものように『お母さんと遊ぶ時間』として過ごせました。

私はできるだけミルクやおやつに頼らないようにしていました。
それは、食べ物で気持ちを紛らわせてしまうと、食べ物がなくなってしまったときや、食べるのをストップさせた時に今まで以上に大泣きをしてしまうからです。
好きなおもちゃだと、お母さんも楽しく移動時間を使うことができるのでおすすめです。

<30代女性>

スポンサーリンク