赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

思わぬ出費、上手なやりくりとは

出産後すぐにお母さんの母乳を飲むことで赤ちゃんは生後半年は風邪などひかないよう免疫がついていると言われています。
うちの長男も生後5ヶ月目までは病気一つなく過ごせることが出来ました。

6ヶ月たったころに中耳炎にかかり、その後は仕事復帰をして保育園に入ったこともあり、色々な菌ももらうようになり、肺炎にもかかり毎月のように病院に入院していました。

入院費は市の補助でほとんどかかりませんでしたが、私は旦那の扶養から外れてフルパートで働いていた為、仕事もほとんど行けず、税金ばかり取られ、結局旦那の扶養に入って働いていましたが入院すると子供は費用がかからなくても私の付き添いによる食事などで出費はかさむばかりでした。

先輩の助言から生命保険に加入しました

職場の先輩から、仕事復帰しても最初は子供の風邪などで休むことが多くなるので、生後半年たつ前には生命保険に入ったほうがいいよ、と前もって言われていたのでその通りにしていたおかげもあり理解ある職場だったため、子供の状態が落ち着くまで心置きなく仕事を休み看病につくことが出来たと思います。

生命保険は一番安いのに加入していましたがそれでも十分でした。
仕事を休めて看病出来、入院回数は頻回でしたが、ひどくならずに早めに対処できたことで済みました。

入院中の生活費がかさみ、入院後の生活を考えてゆっくり静養せずに仕事復帰した為に子供の病気が悪化した方もいます。
母親が何事も余裕の持てる行動をとれるためにも大切だとその時実感しました。

<30代女性>

スポンサーリンク