赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

いつ子供の病気が発症するかわからない

赤ちゃんが生まれるまで問題なく出産になると何の問題もなくこのままスクスク育ってくれると思い込みます。
しかし、子供の病気の多くが原因不明の突発性のものなのです。

すくすくと育った子供に突然異変が起こり、緊急入院したまましばらく入院生活を余儀なくされるケースは結構あるのです。
入院費や治療費ばかりでなく、子供に付き添うために家族は仕事を休んだりしなければならない状況もあります。

退院後も通院したり定期的に診察に行くなど、赤ちゃんが生まれた時には想像していなかった生活になることもあります。
もちろん、何事もなく大きく成長する子供もたくさんいるので、必要かどうかはご家族の必要に応じてなのですが。

最低限のサポートでも最大限の安心

我が家は赤ちゃんが生まれる前から保険にいつから入れようという話をしていました。
全く何が起こるかわからない訳ですから、生まれたらすぐに保険に入れました。

我が家は外国人夫でしたので、受け入れ態勢の良い共済に加入していました。
息子が突然ネフローゼ症候群という病気を発症したのは2歳の時です。

緊急入院からの2か月の入院生活で、主人も私も仕事に多少の差支えがでましたが、共済に加入していたおかげで退院時に支払った額よりも多くの額が支払われ、その後に続く定期的な診察にも安心して通うことができました。
共済の良いところは申請から入金まで非常に速い対応をしてくれます。

提出書類も複雑ではないですし、掛け金も高額ではありません。
もし、赤ちゃんの保険を検討するのであれば、掛け金は少ないけど最低限のサポートをしてくれるものを選び、自分たちの生活の負担にはならないけど安心のできる様にすることをお勧めします。

<30代女性>

スポンサーリンク