赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

子どもの医療費に関する心配

出産後しばらくは元気だった双子の息子たち。
次男の方が、生後6か月から喘息様気管支炎の診断を受けて、入退院を繰り返すようになってしまいました。

両親共に小児ぜんそくの経験があったので、その辛さは痛いほどよく分かりました。
月に1度は入院するような形で、現在1歳になる次男。初めての入院の時に頭を悩ませたのが、医療費がいくらかかるのかということでした。

色々と制度があることは知っていましたが、初めての子どもの入院という事もあり、結構悩んだものです。
しかしながら、医療保険などのサポートがあり、経済的に困ることはなく治療を受けることができました。

医療費に関する心配を解消してくれた3つの方法

私が感じた医療費に関する心配を解決してくれたのは、以下の3点の方法でした。

○医療保険に加入していたこと
まず1点目は、出産後まもなく医療保険に加入していたことです。
入院日額5000円の保険に加入していたのですが、それだけでも入院に必要な費用の大半を補う事ができました。
病気になる前に加入して良かったと思っています。

○社会保障制度
健康保険制度、子ども医療費助成制度など、我が国の充実した社会保障制度のおかげで、入院医療費、通院医療費がほとんどかからないことが大きかったです。
また、私の住んでいる自治体では、中学卒業まで医療費がほとんどかからないようなので、本当に助かるなと思っています。

○職場の福利厚生制度
職場の福利厚生の一環で、子どもの医療費に関する助成があり、これも助かりました。

以上3点の方法によって、私の子どもの医療費に関する心配は解消されました。

<20代女性>

スポンサーリンク