赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

少しずつ成長はするものの…

周りの子供達が、徐々に一人歩きをしたり、少しずつおしゃべりを始めていた頃。
私の息子は寝返りや、おすわり、つかまり立ちこそは早かったものの、そこからなかなか最初の一歩を一人で踏み出さず、さらに無口な子でした。

歩くことは、大して気にならなかったのですが、無口で発話をしないのは気になっていました。

さらに、場所見知りと人見知りが激しく、たくさんのお友達と触れあってもらいたいと色んなところのイベントに連れ出したのですが、なかなか室内に入ることができず、スタッフの方にあやしてもらってもギャン泣きする状態が毎回でした。
そのせいで、発話が遅いのかなと悩んでいました。

お歌ってすごい!

毎回、無料だからということで、統一性のない場所とイベントに連れ出していたのでそれがいけないんだと思い、一つの場所と固定したメンバーにじっくり慣れることができるようにリトミック教室に通うことにしました。

息子は、お歌が好きでテレビで流れる歌を良く鼻歌で口ずさんでいたので、音楽系の教室に絞って探し始めました。
音楽が流れている教室で、割とすんなり溶け込みましたが、やはり最初は場所見知りと先生に対する人見知りで大変でした。

ただ、通ううちに慣れてきて一ヶ月ほどで解消しました。
音楽に関しては、吸収も早く見学に行った時点でその教室のテーマソングを口ずさんでいたので手応えを感じました。

だんだん鼻歌だったのが、歌詞を口ずさむようになり、日常的な会話のボキャブラリーも増えてきたのです。
時期が来れば、いずれおしゃべりになっていたのかもしれませんが、当時の悩んで焦っていた私にとっては、教室へ通うという選択は親子ともに良かったと思います。

<30代女性>

スポンサーリンク