赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

自然と英語を覚えさせたい

日本人の親を持っていても、息子が赤ちゃんの時に英会話の能力を自然と身につけさせてあげたいと考えていました。

しかし、日本語をおろそかにするわけにはいかないので、英語と日本語を同時に覚えさせたいけれど、赤ちゃんとのコミュニケーションはどうしても日本語のほうが多くなってしまうと言う問題を抱えていました。
その結果、息子は私とのコミュニケーションは日本語で取りたがる傾向にありました。

そのままでは、息子が赤ちゃんのうちに英会話を自然と脳にインプットするということができなくなりそうでした。

赤ちゃんのうちから始める英会話

そこで、まずはテレビを頼る事にしました。
NHKの子供のための英語教育番組を一緒に見たり、キャラクターものの、子供英会話のDVDを買ったり、借りたりして、長男と一緒に見て、聞いた英語を遊びのように、すぐに発音するということをしました。

次に、家で積み木や、ブロック、おもちゃで遊ぶ時のバックグラウンドの音楽はすべて、英語のものに変えました。
その場合は、子供用の教材ではなく、英語放送のラジオであったり、私が勉強に使っていた、トーイックの問題集のリスニングのCDのこともありました。

英語のロックや、バラード、オールディズなどの曲など、手当たり次第、英語のCDをかけていました。
それから、週に1回か2回、2時間程度、英語のネイティブの方に、長男の面倒を見てもらいました。

私は、長男とのコミュニケーションは日本語ですると決めたので、どうしても、英語のネイティブの人ともコミュニケーションを取らせたかったのです。
結果、長男は、その後も、英語も日本語も同時に習得していき、今は、バイリンガルとなっています。

赤ちゃんのうちから、勉強のように英会話を叩き込むのは、賛成できませんが、生活の一部として、英会話があるのは、よい方法だと思っています。

<30代女性>

スポンサーリンク