赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

外出して新鮮な空気を吸い、人と会うことの大事さ

初めての子供を妊娠出産したのがアメリカでした。
赤ちゃんの頃のお世話は初めての経験だったので手探りで、悩みといえばどうしたらうまく授乳時間をきちんと決められるか、どうしたら赤ちゃんは夜たくさん眠ってくれるか、どうやって赤ちゃんと日中遊ぶか、またどのような遊びが一番良いのか、ということが常に頭にあった悩みでした。

さらにアメリカで住む以上、自分だけでなく赤ちゃんにも英語に触れさせねばと考えていました。
いろいろ抱え込んで考えていた原因の一つは、あまり赤ちゃんを外に連れ出さなかったことだと今では実感します。

赤ちゃんはある程度の年齢(一歳ごろ)まであまり外に出さない方が良いのではと思い込んでいました。
家に閉じこもり、たまにお散歩するだけという生活をしていたので赤ちゃんもあまり疲れずで、私も育児について誰かと話すことがなかったのでお互いイライラすることがあったのではと今では思います。

ためらわずに思い切り挑戦して続けることが肝心

子供が一歳を過ぎた頃、近所の公園へ行ってみました。
すると、もっと小さい月齢の赤ちゃんや、子供と同じ年頃、そして幼稚園児くらいのお子さんたちがたくさんおり生き生きと遊びまわっていました。
それを見たときに、もっと早く連れてきてあげたらよかった!と思いました。

私自身が内気な性格であり、英語も自信がなかったのですが、公園で話しかけてくれるお母さんたちがいると、頑張って話し、子供がいるという大きい共通点があるので色々と質問したり、アドバイスを受けたりもしました。

そうこうしているうちに、近所の公園の最高のポイント、ほぼ同じ方が同じ時間に来る、こともあり顔見知りのお母さんや子供達も徐々に増え、会話も増え、子供も現地の子供達とのコミュニケーションのおかげで英語に馴染んでいき、英語で話す楽しさを知ったのです。
やはり英語学習は環境に飛び込むこと、続けることが大事だと思いました。

<30代女性>

スポンサーリンク