赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

姑の恐怖の来訪

育児中、お姑さんが近くに住んでいたので、毎日のように孫の顔を見に来ていました。

産後はしんどかったので、ミルクをあげてくれたり、オムツをかえたり面倒をみてくれるなら大歓迎だったのですが、来て写真を撮ったらリビングでくつろいでいるだけでした。
泣いてもあやしてくれることもなく、子供は親の教育が全てだと、私の育て方について口を挟んでネチネチと文句を言って帰っていました。

ミルクよりも母乳にしなさい、オムツは布オムツにしなさい、離乳食は全て手作りしなさいと、どんどん家事の時間が増えていきました。
たまにはゆっくりしたいのに、冷蔵庫をチェックしたりしてもうストックが少ないわ、と言うなら作って持ってきてくれればいいのにと思っていました。

英才教育です!口出ししないで

お姑さんの小言が多いので、お姑さんの知らない分野を積極的に取り入れることにしました。
英語が話せないので、子供の絵本や音楽を英語のものにしました。
「なるべく小さい頃から英語に触れさせておくと、脳の発育にもいいみたいです。

英才教育ですーこの子のために母親である私がしっかりして、早くから取り組まない」と言い、普段の会話も、お姑さんがきたら英語に切り替えました。

海外ではこういう子育てで、日本の有名私立幼稚園でも取り入れているらしいですよと海外の子育て方法を紹介したり、グローバルに活躍する子に育てないと将来苦労したらいけないのでと話しました。
すると、馴染めない英語の時間に居心地が悪いのか、だんだん子育てについてもあれこれと言わなくなりました。
根気強く続けたことで、子育ての方法もいろいろあると知り、自分の育て方が全てではないと思ってくれたようです。
子供も英語に耳が慣れたようで、一石二鳥の英語教育でした。

<30代女性>

スポンサーリンク