赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

とにかく英語でコミュニケーションを

英語教育は0歳から、というニュースや記事を良く聞耳にします。
日本語もまだ話せないような赤ちゃんに、英語を聞かせる事への賛否両論はありますが、わたし自身、学生時代に英語の勉強に苦戦した事もあり、特にリスニングにおいては赤ちゃんの頃が重要だと感じていました。

はじめはとにかく英語で子どもに話しかけ、絵本も英語、音楽も英語、とお友達と遊ぶとき以外はえいご漬けの日々でした。
しかし、まだコミュニケーションもしっかりとれない0歳児への関わり方として、一方的に英語で話しかけるのはどうなんだろう、と疑問を持ち始めました。
英語をとにかく覚えさせようと躍起になりすぎて、一方通行のコミュニケーションになっていたように思います。

唯一無二のDVDにしよう!

子どもも日中母親が英語で絶えず話しかけてきて、ストレスを感じているかもしれないと思います、少しクールダウンする事にしました。
まずは、子どもが大好きなDVDを膝に乗せて一緒に見ました。
英語のDVDですが、赤ちゃんが好むように歌やダンスが豊富で、キャラクターもカラフルでポップなものです。

見せるだけでは意味がないと思っていたので、一緒に歌を歌い、まだ器用に動かせない腕や指を持って、踊ったりしました。
重要だと思ったのが、DVDの中の音を、母親が繰り返す事です。
子どもにとって、母親の声が1番安心して聞く事ができます。
DVDの中でHello!と言えば、繰り返しHello!と言い、子どもの名前を呼びます。
自分の名前が呼ばれた事で、どこにでもあるDVDと違って見られるようになります。
見終わってからも、DVDに出てきた歌やダンス、フレーズなどを繰り返し使う事で、子どもに定着していきます。

<30代女性>

スポンサーリンク