赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

よくある英語教育の教材は本当の英語なのか?

英語は喋れるけれど、やはり自分の発音がネイティブレベルとまではいかないので、しっかりした英語の耳を作るにはどうしたらいいか…と妊娠中から悩んでいました。
周りに聞くと英語システムの教材を使っている、英語で話しかけ育児をしているなどの答えが返ってきました。

教材の質は値段の割に教材自体がアップデートされておらず古い。
話しかけるための英語育児本のフレーズは本当にネイティブが使っているようなものなのか?など疑問に主点が多々ありました。
ネイティブの音が生まれたときからたくさんある環境にするにはどうしたらいいのか真剣に考えました。

CD付き絵本を活用

まず、自分が英語が使える点を活かして英語でリサーチをしました。
現地のお子さんに親はどんな本を使っているのか?且つ、CDが付いているものはないか?

結果いくつか購入したものは、まずRead AlongというディズニーのCD付き絵本です。
これは完全に現地のお子さん向けです。

自分で読むならば、小学生くらいからだと思いますが、CDで少し音楽や効果音もありつつセリフはしっかりとキャラクターが読んでくれているので、生まれる少し前から一緒に聞いていました。
1歳まで何冊かをほぼ毎日聞きました。
これはナレーションが男性または女性のどちらかですが、もちろんネイティブスピードなので、英語が少し苦手というお母さんも一緒にページをめくりながら毎日聞いていれば自分のリスニングスキルも上がっていきます。
このシリーズは非常に安価なのもポイントで私はAmazonで購入していますが500円程度です。

<30代女性>

スポンサーリンク