赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

必要に迫られて、、、子供の英語教育計画が始まった!

子供が生まれてすぐ、主人の仕事の都合でアメリカへ引っ越しをしました。
その後5年間はそこに住む予定でしたので、子供は自ずと現地の幼稚園に行くことになります。

いざ登園となった際に、言葉がわからなくて子供が苦労したらどうしよう、幼稚園に馴染めなかったらどうしようと考え、その時までに家庭でなんとか英語教育ができないか悩みました。
とはいいましても、私達夫婦はどちらも日本生まれの日本育ち。
バイリンガル経験がないため、日本語と英語との間で生きる子供の気持ちがわかりません。
本当にこれでいいのか、と手探りでの英語教育でした。

プロの助けを上手に利用して、赤ちゃんに英語教育

とにかくバイリンガル教育の本やサイトを手当たり次第見ましたが、何が正しいのかもわからず、自分の子にそれが当てはまるかどうかもわからないので、私達夫婦オリジナルの方法で行くことに。
日本語能力が落ちてしまっても困るので、私達夫婦は日本語のみ、そして週に3回3時間程度預かってくれるシッターさんは英語だけ、と役割分担を徹底しました。

シッターさんは外国人の子の英語教育に長けている人を選びました。
また幸運なことに、彼女はハンドサインのインストラクター経験があったので、娘はハンドサインを通して英語を覚えることができました。
ハンドサインの効果が大きく、1歳過ぎくらいから、ハンドサインの動作と共に英語が出るようになりました。

また、家では日本語のテレビと同じくらいの頻度で英語のテレビも見せました。
特に我が家のように親がバイリンガルではない場合、無理をして親が教えずに、プロに委ねたほうが良いと思います。

<30代女性>

スポンサーリンク