赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

完全母乳で育てたら、哺乳瓶を受け付けなくなり…

うちの赤ちゃんは、完全母乳で育ってきたため、哺乳瓶になかなか慣れず、夏場の水分補給に頭を悩ませました。
…というのも、夏場になると、限りある母乳では水分が足らないようで、おしっこの量がぐっと減ってしまったのです。

本人ものどが渇くようで、おっぱいをいつまでもくわえたまま、なかなか離そうとしませんでした。
夏場は、汗ももよくかいていますし、実際おしっこの量も少ないので、何とか水やお茶、果汁などを哺乳瓶で与えようとしましたが、おっぱいと感触が違うためでしょうか、少しチュパチュパしてはみるものの、ほとんど中身を飲んではくれませんでした。

哺乳瓶以外の方法をいろいろ試しました

哺乳瓶は、何度与えても受け付けなかったので、ほかの方法で水分を取るように工夫しました。
ちょうど、離乳食を食べるようになっていたので、ヨーグルトやすりおろしりんごなど、水分の多い食べ物を与え、水分を補給できるようにしました。

また、スプーンに慣れてきてからは、水やお茶もスプーンで口の中に入れてやるようにしました。
はじめのうちは、口からたくさんこぼれてしまったり、飲むのを嫌がったりしましたが、入浴後など、本当にのどが渇いているときに与えると、少しずつ飲めるようになっていきました。

また、お茶や水の味に慣れてからは、哺乳瓶を飛び越えて、ストローで飲む練習を始めました。
うちのおちびさんは、哺乳瓶は受け付けませんでしたが、ストローは数日で飲めるようになりました。

慣れるまでは、母乳のように一生懸命吸ってしまい、たくさんのお茶や水が口に勢いよく入って、むせてしまうこともありましたが、しばらくするとそうしたこともほとんどなくなりました。
やがて、水分補給はもっぱらストローつきのコップになりました。

<30代女性>

スポンサーリンク