赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

よく寝る赤ちゃんの心配事

子供はよく寝るタイプで、生まれて間もない赤ちゃんの頃はほぼ一日中寝ており、ミルクの間隔が4時間空くこともザラでした。
また、ミルクを与えていても5分もしないうちに寝てしまうので「ミルクは足りているのだろうか」と心配してしまうほどでした。

さらに、生まれた季節が夏だったので、大人よりも代謝の良い赤ちゃんはいつも大量に汗をかいていました。
汗の量は多いのですが、摂取する水分の量が少ないことから「脱水になるのではないか」と常に悩んでいました。

赤ちゃんは大人よりも体内に含まれる水分の割合が高いため、脱水になりやすいのです。
大量の汗をかいたまま放置しておくと風邪をひく原因となるため「汗をかいていないか」と常に心配していました。

心配事への対応策

そこで、水分摂取を促すために「ミルクの間隔が空きすぎているな」と感じたら、寝ていても起こしてミルクを飲ませました。
育児日記を書くことで、ミルクの間隔や排尿、便の回数は一目でわかるようにしました。
また、風呂上りや外に出かけた後など「体を動かして汗をかいたかな」と感じたら白湯やミルクを与えました。

次に、汗をかきすぎないよう、気温が高い時は冷房などを用いて赤ちゃんが生活する環境を整えました。
冷房をかけすぎても風邪をひくので、あまり寒くならないようエアコンに表示される温度と湿度を適宜チェックしました。
また、打ち水をして外気温を下げる方法も、夕方にすると涼しく感じてよかったと思います。

最後に、事あるごとに子供の背中を触って、汗をかいていないか確認しました。
汗をかいていたらタオル等で汗を拭き取り、すぐに着替えさせました。
以上のような対応で、脱水症になることも、風邪をひくこともなく無事に元気で毎日を過ごせています。

<30代女性>

スポンサーリンク