Baby Growth(赤ちゃん成長ガイド)は、出産後はじめて赤ちゃんの育児をされるママやパパを対象にした総合子育て応援情報サイトです。

生後3ヶ月ごろ

生後3ヶ月ごろの赤ちゃん

生後3ヶ月ごろの赤ちゃん

赤ちゃんの体重は生まれたときの2倍にもなり、まるまるしてきます。
生後3ヶ月の終わりころになると、だいぶ首もすわってきますが、おんぶはもう少したってからにしましょう。
ママも育児ペースがつかめてきて、少しほっとできるころです。また、表情も豊かになって、あやすとキャッキャッと笑い声を出すようになってきます。このころから外の世界への関心が芽生えます。お散歩に出かけて、さまざまなものを見せてあげましょう。

スポンサーリンク

首がしっかりしてきます。

だいぶ首がすわってきて、赤ちゃんは自分の向きたいほうに顔を向けたり、興昧のあるものを目で追ったり、手に取ろうとします。意識的に体を動かす「随意運動」が頭に近いところから進行し、首がしっかりすることで、自分の意思で手を動かせるようになります。つかんだものを自分のロに運んでなめることもふえます。
それまでの赤ちゃん自身の意思とは無関係に動いていた原始反射から、このように、自分の意思によってからだを動かすようになり、その動きもスムーズに、より活発になってきます。

赤ちゃんを引き起こしてあげるとご機嫌に。

赤ちゃんの両手を握って、そっと引き起こしてあげます。赤ちゃんの視野が変わって、きっとご機嫌に。ママ・パパの親指を赤ちゃんに握らせ、赤ちゃんのひじの下を残りの指でつかむと、赤ちゃんの手がすべり抜けにくくなります。

何でもロにくわえるのは、脳が発達している証拠です。

首がすわるようになると、急ピッチで脳も発達し、「見る→伝達する→認知する→判断する→運動の指示を出す」という脳内での連係プレー(握ってロに運ぶ連動した動き)が機能するようになってきます。
何でも口に入れてみる、ひっきりなしに手を口に入れる、というのは脳が発達している証拠といえます。赤ちゃんが飽きるまでやらせてあげましょう。
絶え間なくよだれが出るのも普通のこと、心配ありません。また、とくにこの時期からは、危険なものを赤ちゃんが口に入れないように注意して片づけておきましょう。

表情豊かになって反応します。

単に顔の筋肉が引きつっていただけという状態から、自分の感情を表情で伝えるようになります。
「くすぐったい」感覚は未発達ですが、くすぐられるのが楽しくて、声を出して笑う子もでてきます。くすぐり遊びは、自分の体を意識し、体を動かす意欲にもつながりそうです。あやすとにっこり笑ったり、おむつを替えると気持ちよさそうな顔を見せたり、逆に、いやなこと、気持ち悪いことなど不快なことには泣いて感情を表現するようになってきます。

生後三ヶ月 赤ちゃんの体重と身長【発育のめやす】

男の子 5.0 〜 7.9(kg) 56 〜 66(cm)
女の子 4.8 〜 7.3(kg) 56 〜 64(cm)

このころの赤ちゃんとの接し方

うつぶせにすると、体を腕で支え、頭を持ち上げ、少しの間なら周囲を見たりすることができるようになります。首すわりまでもうすぐ。体もしっかりしてくると、手をよく動かして、物をつかんだりすることもできるようになります。まわりの人や物の区別がつき始め、周囲の世界に関心が広がる時期です。個性もあらわれ始めます。また、夕方になると泣きだしたり(たそがれ泣き)ぐずることもふえますが、感情表現がはっきりすることは自己主張の始まりなので、わが子の成長を喜びましょう。

おもちゃに興味津々。

持ち手が細いガラガラや音が出たり、握りやすく動いたりするおもちゃが赤ちゃんは大好きです。
ママが、ぬいぐるみで話しかけると、にこにこ。
「ア〜、ウ〜」と、言葉にならない声で反応するようになって、あやすのがよりいっそう楽しくなってきます。
ママも赤ちゃんの声にこたえて、たくさん話しかけてあげてください。

裸が大好き。足も自由自在にキック!

腕をブルンブルン振り回し、足はキックキックキック。
とにかく動くことが大好きで、裸も気持ちよく、じっとしてはいません。

立体視野が広がり自分の体への認識も

首すわりが近づくと、二次元でしかこれまでとらえられなかった視野が、三次元で見えるようになります。自分の手をよく見たり、なめたりすることの繰り返しから、自分の体の一部だということがわかってきます。この時期は、たくさんのものを見たり、ふれたりすることで、視力や手の感覚が発達していきます。

赤ちゃんの首がだいぶすわってきました。

縦抱きしても首がグラグラしなくなれば、首すわりも間近。首がすわってきたら、縦抱っこをしてあげると、視界が広がって喜びます。首すわりが近づくと視力が発達し、少し離れた位置の物まで見えるようになります。

生後3ヶ月ごろ “お世話のポイント”

3〜4ヶ月健診を受けましょう。

生後3〜4ヶ月には、3〜4ヶ月健診で首のすわり具合い、股関節の脱臼がないかどうか、視覚・聴覚の異常などのチェックが行われます。悩みごとや心配ごとの相談もできますから、市区町村の役所または保健所に確認して受けるとよいでしょう。
ただし、赤ちゃんの具合が悪かったり、事情があって行けないようなときには、心配なことがなければ、しばらくようすをみてよいでしょう。

赤ちゃんが便秘!?というときは。

このころの赤ちゃんは、脳の中の摂食中枢、満腹中枢機能が働くようになり、おっぱいを飲む量が減ってくることがあります。
そのため、場合によってはうんちが出なくなることがあります。
赤ちゃんが苦しそうでなければ心配ありませんが、次のような便秘解消法をためしてみるとよいでしょう。

便秘対策

たっぷり水分補給 水分が不足してうんちがかたくなることがあります。
水分は、白湯や麦茶、ごく薄い砂糖水などをたっぷり与えるようにしましょう。
綿棒浣腸 綿棒の先にべビーオイルをつけて肛門にそっと入れ、何回か出したり入れたりします。浣腸すると急にうんちが出ることがあるので、広げたおむつの下にさらに新聞紙などを敷いておきましょう。
おなかのマッサージ おへそのまわりを「の」の字の形にマッサージしましょう。

0歳からおすすめしたい絵本


スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Baby Growth All Rights Reserved.