Baby Growth(赤ちゃん成長ガイド)は、出産後はじめて赤ちゃんの育児をされるママやパパを対象にした総合子育て応援情報サイトです。

生後0ヶ月ごろ(新生児)

生後0ヶ月ごろ(新生児)

生後0ヶ月ごろ(新生児)

10ヶ月間、大事にママのおなかで守られてきた赤ちゃん。
羊水の中で、ゆったり浮かび、保護され、必要な栄養を与えられていた赤ちゃん。
生まれてくると同時に、赤ちゃんのからだの中では、肺が血液に酸素を送り、呼吸が開始されます。こうして新しい世界で生きていくことができるようになります。

スポンサーリンク

ママ・パパの声は、赤ちゃんに聞こえています。

おなかの中にいるときから、ママやパパの声を聞いていた赤ちゃんは、ママやパパの声がわかります。ですから声をかけると手や足をばたつかせてこたえます。
また、赤ちゃんはママやパパの声の調子で、「喜んでるな」「イライラしてるな」「怒ってるな」などと感じとって、反応するようになります。「元気かな」「かわいいね」などママ・パパの思いをたくさん赤ちゃんに話しかけてあげましょう。
さらに、生後3ヶ月ぐらいになると、声のするほうに顔を向けるようになります。

目もうっすらと見えています。

赤ちゃんは光を感じるとまぶしそうに目を細めたりします。
はっきり見えているわけではありませんが、ぼんやり目に映っています。
ときどき動くものを追いかけるように目を動かすのはそのためです。
やさしい顔で赤ちゃんをあやしてあげましょう。

赤ちゃんはママのおっぱいが大好きです。

何といってもママのおっぱいが大好きなのです。生後すぐの赤ちゃんでも、ちゃんとおっぱいの味やママのにおいはわかっています。授乳するときは優しく赤ちゃんに話しかけてあげることでママとの絆をつくっていきましよう。
ママに抱っこしてもらって温かい肌に触れると、自然とおっぱいを探り当てて吸いつきます。
やさしくなでられ、語りかけられて、ママへの信頼感が育っていきます。

生後0ヶ月(新生児) 赤ちゃんの体重と身長【発育のめやす】

男の子 2.2 〜 3.8(kg) 45 〜 53(cm)
女の子 2.2 〜 3.8(kg) 45 〜 52(cm)

このころの赤ちゃんとの接し方

基本のチカラは備わっています。

生後0ヶ月(新生児)の赤ちゃんは、あまり動かず1日のほとんどを寝て過ごしています。呼吸をし、おっぱいを飲み、おなかの中で消化し排泄するといった生きることに欠かせない基本的なチカラは、生まれつきもっています。
まだ視力は弱く目はよく見えないけれど耳はよく聞こえていて、音のするほうもわかります。また、ある程度の味覚もわかっており、「甘い・苦い・すっぱい味」は、感じられます。

泣くのは、お話です。

赤ちゃんは話すことができませんから、ママにしてほしいことがあると泣いて知らせます。
「おっぱい飲みたい」「おむつがぬれて気持ち悪い」「抱っこしてほしい」「眠たい」など、ママに伝えたいことがあるのです。

握り反射 ママ・パパの指をにぎにぎさせましょう。指が触れると、赤ちゃんはギュッと握り返してきます。「握り反射(把握反射)」と呼ばれるもので、からだの動きを支配している中枢神経が未発達なために起こる原始的な反射です。
赤ちゃんが自分で意識して握っているわけではありませんが、「にぎにぎしてね」などとやさしく語りかけてみて赤ちゃんとのスキンシップの一つとして楽しんでみましょう。
吸てつ反射 赤ちゃんの口元に指をあてると吸いついたり、口の周辺を指先でつつくと、ロを近づけたりします。
中枢神経が未発達なために起こる原始的な反射のひとつです。
モロー反射 赤ちゃんの口元に指をあてると吸いついたり、口の周辺を指先でつつくと、ロを近づけたりします。
中枢神経が未発達なために起こる原始的な反射のひとつです。
あやさなくても
ほほえみます
「うれしい」などの感情からではなく、「生理的微笑」という原始的な反射のひとつですが、不快なときにはほほえみません。(もしかすると無意識に「気持ちいい」を示しているのかも。)

生後0ヶ月ごろ “お世話のポイント”

肌がかさかさ、黄色い、頭頂のぶよぶよ部分・・。心配ありません。

生後2〜3日すると、全身の皮膚が乾燥して皮がむけはじめます。
1週間から1ヶ月ぐらい続くことがありますが、これは「落屑」とよばれる生理的な現象で、それまでからだを保護していたいちばん上の皮膚が空気に触れたために起こるもので心配ありません。
生まれた直後は赤かった皮膚の色も、2〜3日で黄色みを帯びてくるのが普通で、これも「新生児黄痘」とよばれる生理的な現象です。2〜3週間ぐらいで自然に消えます。
頭頂には骨のないぶよぶよした大泉門(だいせんもん)とよばれる部分があります。
生まれるときに頭の形を産道に合わせるように、すきまがつくられている部分ですが、1歳6ヶ月ころまでには、このすきまはなくなります。

授乳前と授乳後におむつをチェック

新生児期の赤ちゃんは、1日に何度もおしっこと、うんちをします。
授乳前と授乳後、おむつを確認してみて、ぬれていたら取り替えます。
おしっこをゼリー状に固める紙おむつは、また部分をさわってみてぐにゃっとしていたら替えどきです。
赤ちゃんは成長すると、おむつ交換のあとしばらくしてからとか、お昼寝のあと・・・など、徐々におしっこやうんちのリズムをつくってきます。それに合わせて取り替えましょう。

不快感や不安感を感じると泣いて知らせます

赤ちゃん自身、不快の理由がはっきりわかっているわけではありませんが、生理的な快・不快の感覚は備えています。おむつがぬれたときなどの生理的な不快感や、不安なときは泣いて訴えます。また、赤ちゃんは、泣いているときにママに抱っこされると、安心して泣きやみます。ママの腕のなかが最も安心でき且つ快適な場所なのです。

積極的にパパもスキンシップに参加しましょう

ママだけでなく、毎日のお世話をとおしてパパの存在を赤ちゃんにアピールしてください。パパのにおいや声。抱かれる感覚など、赤ちゃんに伝えていきましょう。

布おむつの折り方

最近は、紙おむつ全盛ですが、布おむつの場合は「股おむつ」と呼ばれる形に折って準備しておきます。

新生児期
  • ① 70センチくらいで輸にした長方形のおむつを横に折ります。
  • ② 3つ折り、または4つ折りにします。
  • ③ ダーツを寄せます。
おしっこの量が
増えたら
  • ① 70センチくらいで輪にした長方形のおむつを縦半分に折ります。
  • ② さらに横半分に折ります。
  • ③ (折れたところ)
  • ④ 折ったものを2つ重ねて使います。

0歳からおすすめしたい絵本


スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Baby Growth All Rights Reserved.