赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

お母さんの女性ホルモンに赤ちゃんの肌が反応?!

第一子の事なんですが、生まれて間もない頃はお肌がプルプルでスベスベでした。
しかし生後2ヶ月が過ぎた頃から顔にブツブツとニキビのような膿をもつ出来物が出てきてしまいました。
周りの赤ちゃんは肌が綺麗な子ばかりだったので見ていて可哀想でした。

女の子なので将来跡が残っても可哀想ですし、大きくなってから赤ちゃんの記録を見せてあげたく写真をたくさん残したかったので早くブツブツを治してあげたかったです。

原因は、母親からの女性ホルモンの影響で皮脂が多く出て、過剰に分泌された皮脂が毛穴につまり炎症を起こしてしまうみたいです。

赤ちゃんの肌は桃のように優しく

乳児湿疹にいいのは、お肌を清潔に保つ事です。
これは大人でも子供でも同じですよね。ただし、赤ちゃんの肌は弱く大人用の洗顔石鹸は使ってはいけません。

わたしが小児科の先生に教わったのは、清潔なガーゼをぬるま湯でぬらし、そっと、桃の皮をなでるように、ブツブツのできている部分を拭いてあげるのです。これを朝晩毎日繰り返す事です。

沐浴の時には赤ちゃんが使っても刺激の少ない石鹸で泡を作り、優しく洗ってあげてください。
また、かさぶたみたいに固まった湿疹がある場合は、沐浴前にぬるま湯でふやかしてから洗ってあげると簡単にゴシゴシしなくても綺麗になります。お風呂以外にも気をつける点がいくつかあります。

肌に触れるシーツやタオル、洋服等はこまめに清潔なものと交換してあげましょう。
それほど神経質にならなくても大丈夫ですが、赤ちゃんを触れる手などもきちんと手洗いする事をお勧めします。

<20代女性>

スポンサーリンク