赤ちゃんの育児ひろば

当サイト(BabyGrowth)に寄せられた赤ちゃんの「困った!?」を先輩ママ・パパの実体験を基に「赤ちゃんの育児相談ひろば」として、公開しております。

スポンサーリンク

皮膚科での方針の違い、良くならない湿疹

生後三ヶ月の頃から湿疹が目立ち始めました。
乾燥によるカサカサザラザラとしたかゆみを伴う肌トラブルと、首の下や鼠蹊部などの肌と肌が重なる部分はあせものような皮膚トラブルがありました。

皮膚科に行きヒルロイドローションを処方してもらい、こまめに保湿を行いました。
冬の間は乾燥を防ぐことと、あまり着せすぎないことで悪化することなく落ち着いていました。
しかし春先の暖かくなったころから肩や太もものザラザラした感じが強くなり、本人もかゆいため掻きむしるようになりました。

弱ステロイドを処方してもらい、3日塗ったところすぐにかゆみは治まりつるつるの肌になったので皮膚科で言われたようにステロイド薬は塗ることをやめました。
しかし薬をやめるとまた悪化したので、今度は違う皮膚科に行ったところ、今度は何も塗らないように、掻くことも止めないように、入浴の回数も減らしましょうと全く違う方針の指導がありました。

その通りに行いましたが、良くなる気配はありませんでした。

治療や皮膚のケアの方法は色々

2件目の皮膚科で指導してもらったように薬も塗らず、ケアの方法や服もあまり着せないようにと指導されたようにしていましたが、肩や太ももは乾燥とかゆみが続き首の周りのあせももありました。

子育てイベントで無料の皮膚科医師による個別皮膚相談が開催されていたので、相談をしてみました。
そこでは「かゆみを止めてあげないのは、赤ちゃんも辛いし、掻きむしって傷になることで、そこからばい菌が入ることもあるので、ステロイドは塗ってかゆみを止めたほうが良いと思います。前に3日ステロイドを塗って辞めたらすぐにかゆみが戻ったのは、ステロイドを切るのが早かったのではないか。
皮膚のざらつきが無くなるまでしっかり薬は塗ったほうが良い。ステロイドといっても弱いものなので、副作用を気にしなくても良いですよ。」とアドバイスをもらいました。

これまでの医師の中で一番納得できる説明だったので、その通りにケアを変えることとし、無事湿疹は治りました。

医師によってステロイドを使うかどうかなど方針が違ってくるので、合わないな、と思えば病院は変えてみたほうが良いと思います。

<20代女性>

スポンサーリンク